記事

2019年の箱根駅伝 青学大の5連覇を阻止するならどの大学か

箱根駅伝予選会は駒澤大がトップ通過(時事通信フォト)

「東京箱根間往復大学駅伝競争」、いわゆる箱根駅伝は、テレビやラジオ中継を通じていまや日本中が注目するスポーツイベントだ。その出場権がかかった予選会が行われ、シード校とあわせた全出場チームが決まった。しからない指導で知られる原晋監督のもと、2015年から優勝を続けている青山学院大学は連覇の記録を伸ばすのか、阻止するとしたら、どのライバルなのか。陸上競技を長く取材する、ライターの小野哲史氏が分析する。

 * * *
 10月13日に箱根駅伝の予選会が行われ、上位11校が本戦の出場権を獲得した。全23チームで争われる来年1月2、3日の本戦では、王者・青山学院大が連覇記録を歴代2位タイとなる「5」に伸ばすのか、ライバル校がそれを阻止するのか。

 予選会突破校の中で注目したいのは、他校を寄せつけずに圧勝し、堂々のトップ通過を果たした駒澤大だ。箱根では2002~2005年の4連覇を含め、6度も頂点に立ち、黄金時代を築いた。しかし、2008年を最後に近年は優勝から遠ざかり、前々回は9位。前回はまさかの12位に沈み、9年ぶりにシード権を失っていた。

 前回までの20kmからハーフマラソン(21.0975km)に距離が延長された予選会で、駒澤大はエースの片西景(4年)が1時間1分50秒の好タイム。他のメンバーも力走し、全員が1時間4分以内でゴールした。総合タイムで実質的な大会新記録をたたき出し、「平成の常勝軍団」は名門復活を印象づけた。

 名将・大八木弘明監督も「久しぶりの予選会で少し緊張したけれど、選手たちが自分たちの力以上のものを出してくれた」と、ご満悦の様子だった。

 予選会当日の気象条件に恵まれたという点を差し引いても、今季の駒澤大の強さには“本物感”が漂う。出雲、全日本、箱根とこなす例年なら、出雲後に全日本仕様、そして箱根仕様へと、長い距離を走るためにシフトチェンジしながらトレーニングを段階的に切り替えていく。だが、今年度の駒澤大は出雲に出られず、予選会に回ることになったため、例年より早く20kmを走れる土台ができ上がった。もちろん、本戦に向けては細やかな調整が欠かせないが、青学大をはじめとしたシード校にはないアドバンテージを得たという見方もできるだろう。

◆東洋大監督「青学大の連覇を阻止しないと」

 箱根本戦に出場する全チームを見渡すなら、絶対王者・青学大の対抗馬として東洋大を一番手に挙げたい。

 東洋大のここ10シーズンをひも解くと、出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)と全日本大学駅伝(秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対校選手権大会)を制したのはそれぞれ1回ずつにもかかわらず、箱根となると2009年の初制覇など優勝4回。2位は5回、3位も1回と、ほぼ毎回のように優勝争いに絡み、100%の確率で表彰台に上っている。箱根での安定感は抜群だ。1、2年生が7人も起用されるフレッシュな顔ぶれで臨んだ前回も、青学大に競り勝って往路を制し、復路で逆転を許したものの、総合2位に食い込んだ。

 酒井俊幸監督は「箱根は青学大の連覇を阻止しないといけない」と語り、今季は例年以上に打倒・青学大に燃えている。チームを進化させるために、夏に6年ぶりとなるアメリカ合宿を行ったのも、並々ならぬ決意の表れだろう。

 10月8日に行われた出雲では、東洋大は青学大に12秒及ばず2位に終わった。相澤晃(3年)、西山和弥(2年)、山本修二(4年)というチームの主軸を1区から並べたが、2区の西山が区間6位とやや振るわなかった。

 ただ、4区終了時点で45秒差をつけられながらも、5区の今西駿介(3年)と6区の吉川洋次(2年)が連続区間賞で意地を見せるなど収穫もあり、展開次第では青学大と十分に渡り合えることを証明した。

 出雲終了時点での10000mのチーム上位10人の平均タイムを比較すると、青学大が28分59秒91、東洋大が29分02秒06。昨季は約15秒あったその差がわずか2秒ほどに縮まった。もちろん駅伝は持ちタイムだけで計れない面もあるが、一つの指標にはなる。

 前回の箱根のように東洋大が1区から主導権を握り、常に先手先手でレースを進めながらリードを広げることができれば、百戦錬磨の青学大でも焦りやミスを生じないとも限らない。チームスローガンにもある『怯まず前へ、その1秒をけずりだせ』の精神で、ここ4年間は明け渡している箱根での主役の座を奪い返したいところだ。

◆青学大が強すぎる?

 それでも箱根では、やはり「青学大優位」の構図が動きそうにない。

 2年ぶりに頂点に立った出雲では、1区で首位に立つと、最後までトップの座を一度も譲らずに快勝。後続に迫られても、終盤に突き放す個々のレース運びの巧みさも際立っていた。

 全長42.6kmを6区間でつなぐ出雲と、217.1 kmを2日間の10区間でつなぐ箱根は、同じ駅伝でも1人が走る距離やコースの特徴が大きく異なる。約20kmを走れる選手を10人そろえ、かつ急峻な山の上りや下りを担うスペシャリストも用意しなければならない箱根の難易度が高いのは想像しやすい。しかし、「スピード駅伝」とも言われる出雲も、選手にはスピードや勝負度胸といった箱根とは違った能力が求められ、そこで勝つためには別次元の難しさがある。

 それを熟知する青学大の原晋監督が、史上初となる2度目の学生駅伝3冠に向けて打ち出したのが、「出雲駅伝プロジェクト」だった。前回の箱根の2区で区間賞を獲得した主将の森田歩希(4年)、5000mで日本人学生最速タイム(13分37秒75)を持つ橋詰大慧(4年)、5月の関東インカレ10000mで日本人トップに入った鈴木塁人(3年)というチームの三本柱を軸に据えつつ、中距離種目を得意とする生方敦也(2年)やスピードが自慢の吉田圭太(2年)といった出雲の特性に合った選手を起用。吉田は4区で区間賞、生方も5区を区間2位と好走して期待に応え、アンカーに箱根5区経験者の竹石尚人(3年)を置いた采配も含め、出雲プロジェクトは見事に結実した。

 青学大は、学生長距離界随一と言っていい分厚い選手層を誇る。仮にBチームを作って箱根に出場したとしても、シード権ぐらいなら獲得できるのはないかと思わせるほどに層が厚い。その上で出雲で勝ったことが選手の自信を深め、チームはさらに勢いづくに違いない。それが「箱根も青学大優位」という根拠につながる。

 だが、それでは当たり前すぎてつまらない。他大学の奮起に期待する駅伝ファンも多く、「青学大が強すぎて盛り上がりに欠ける」といった声も耳にする。

 箱根本戦までは約1ヶ月半。その間、11月4日には全日本も行われ、青学大、東洋大、駒澤大が直接対決を繰り広げる。多数のスピードスターを擁する東海大も、故障者が戦線に復帰してくれば、優勝候補に名乗りを上げてくるに違いない。箱根では、どの大学が栄冠を手にするにしても、最後まで勝者が予想できない白熱したレースが展開されることを期待したい。

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ロンブー淳「BTSに話聞きたい」

    キャリコネニュース

  2. 2

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  3. 3

    なぜ金持ちはタワマンを嫌うのか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    Tシャツ騒動で悪化する日韓問題

    ヒロ

  5. 5

    林修氏 人脈求めるさもしさ指摘

    キャリコネニュース

  6. 6

    音喜多氏 上田都議は対話を拒否

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    電車の迷惑行為 リュックが最悪?

    非国民通信

  8. 8

    企業の学歴フィルターは当たり前

    永江一石

  9. 9

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    養老孟司氏「終活なんて現代病」

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。