記事

欧州市場サマリー(19日)

[19日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。ドル高ポンド安に伴いFTSE100種でウェートが最も大きい輸出銘柄が買われた。また原油高によって石油銘柄が値を上げたほか、先行き不透明感が漂う中で比較的安全な資産とされる公益事業株などディフェンシブ銘柄も好調だった。

FTSE100種は週間ベースで0.79%上昇した。前週のマイナス幅をいくぶん取り戻した。

石油大手のBP<BP.L>とロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.AS>は0.5%と1.3%それぞれ上昇した。

ディフェンシブ銘柄が買われる中で、日用品のレキット・ベンキーザー<RB.L>は3.8%高と、3カ月近くぶりの大幅な値上がりとなった。製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>は3.1%高だった。

中型株ではショッピングセンターを保有・管理するイントゥ・プロパティーズ<INTUP.L>が12.5%上昇した。ジョン・ホイッタカー副会長やサウジアラビア、カナダの投資家を中心とする企業連合から1株215ペンスの買収提案を受け、検討していることを明らかにした。

一方、小型株では車の販売代理店チェーンのペンドラゴン<PDG.L>が8.0%下落した。排ガスの新規制が業績に打撃を与えるとの発言が嫌気された。

<欧州株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。予算案を巡るイタリアと欧州委員会の対立が激化し、不安定な相場展開だった。

STOXX欧州600種指数<.STOXX>は週間ベースで0.64%上昇し、辛うじてプラスとなった。

欧州委員会は18日、イタリアの財政赤字を拡大させる2019年の予算案について同国に説明を求める書簡を送った。イタリアの銀行株<.FTIT8300>は一時、22カ月ぶりの安値を付けた後、下落幅を圧縮し0.40%安で取引を終えた。

フランスのタイヤ大手ミシュラン<MICP.PA>は11.3%急落した。中国の自動車需要が勢いをなくしているほか、新たな排ガス規制を理由に売り上げと市場の伸び率の見通しを引き下げた。ドイツの競合コンチネンタル<CONG.DE>は4.5%の連れ安となった。自動車・部品株指数<.SXAP>は2.80%低下した。

フランスのコングロマリット(複合企業)ブイグ<BOUY.PA>は11.9%急落。建設事業の問題で利益見通しを引き下げたことが嫌気された。

<ユーロ圏債券> イタリア国債利回りが4年半ぶりの高水準から低下。欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務・税制担当)が19日、イタリアの来年度予算を巡る対立を緩和したいと述べたことを受けた。

モスコビシ氏は2日間のローマ訪問後の会見で、欧州委が成長加速と債務削減という目標をイタリアと共有していると指摘。イタリア予算を巡る決定はまだ行われていないとしたほか、イタリアを巡る市場の緊張がユーロ圏に波及することは懸念していないと語った。

こうした発言がイタリア市場に安心材料となった。前日は、来年度予算案が欧州連合(EU)の財政規律に違反するとした書簡をイタリアに送付し、欧州委が圧力を強める姿勢を示した。これを受け、イタリア国債が再び大きく売られた。

コメルツバンクの金利ストラテジスト、マイケル・レスター氏は「モスコビシ氏が前日に書簡を送り、こうした発言をするのは信じがたい。トーンに変化が見られ、欧州委が市場の反応や類似リスクに配慮していることを示している」と指摘。

また「書簡を受けて売りは新たな次元となった。スペイン、ポルトガルに波及する明らかな兆しが見られ、欧州委は状況をエスカレートさせるのが最良の戦略ではないと気付いたのだろう」との見方を示した。

イタリア10年債利回り<IT10YT=RR>は10ベーシスポイント(bp)低下し、3.57%。序盤には4年半ぶり高水準の3.78%を付ける場面もあった。

30年債利回り<IT30YT=RR>も4年半ぶり高水準から低下。前日に約20bp上昇した2年債利回り<IT2YT=RR>は17bp低下した。

イタリア・ドイツ10年債利回り格差は312bpに縮小。前日は5年半ぶりとなる338bpに広がっていた。

ドイツでは10年債利回り<DE10YT=RR>が2bp上昇して0.44%。一時は6週間ぶり低水準の0.39%を付けた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。