記事

タイムライン対応だけじゃない!Facebookのこれからについてマーケターが押さえておくべき10のポイント

リンク先を見る

2月29日のfMC NYCで発表されたFacebookページの仕様変更に伴い、様々な情報が錯綜しましたが、その全容を日本語でしっかりまとめていた記事がなかったので、メモがてらまとめてみました。(日本語記事であまり触れられていない点を中心に。)


1. Facebookページにおける投稿をそのファンにしっかりと届けるための新広告商品、Reach Generator

「Facebookページの投稿は実際にはそのファンのうち、16%以下しかリーチしていない」というデータがfMCにおいて公表され、ブランドによるFacebookの無料機能以外の利用が進むよう新たな広告商品、Reach Generatorが発表されました。


Facebookのプレミアムアカウントになることで利用可能になるこのReach GeneratorはFacebookページの特定の投稿を、ファンのニュースフィード(PC、モバイル共に)、右サイドのバナースペース、さらにログアウト画面にも表示させることで、そのリーチをファンの75%以上まで高めます。(テスト時の最も高いリーチ率は98%にもなったとか)

リンク先を見る

価格については、ファン数に応じて変化するとのこと。

2. 新登場の投稿形態、Facebook Offers

12月から実装されていましたが、正式に発表された新たな投稿タイプがクーポンやキャンペーンの告知に特化したFacebook Offer。

リンク先を見る

Macyが実際に行った上記投稿からわかるように、その効果、有効期限も記載されており、クーポンであることが一目で分かるデザインとなっています。

これを上記のReach Generatorと組み合わせることでキャンペーン情報をより多くの人に知らせることもできるのではないでしょうか。


3. インサイトのリアルタイム化

リンク先を見る

ここ数日、インサイトに遅れが出ていましたが、ついにインサイトのリアルタイム化が実装されました。
これにより、より迅速なコミュニティマネジメントが可能になることは間違いありません。

4. インサイト情報のオープン化

管理権限者以外はほとんど取得できなかったインサイトデータが、これまでに比べて大幅に開放されました。
新たに公開された情報は以下。

(1)最もユーザーがアクティブに閲覧した日
(2)最もファンが存在している市
(3)ファンが最も多いユーザー層
(4)過去1ヶ月の新規いいね!推移、話題にしている人推移

以下のスターバックスのFacebookページのインサイトデータをみるとわかりやすいかと思います。(https://www.facebook.com/Starbucks/likes)

リンク先を見る

5. アプリの表示レイアウトの変更

アプリの表示レイアウトが4つのみが表示されるようになりました。
アプリ自身の表示サイズも変更。それぞれ、アプリ画面のサイズは111×74 pixel、アプリ表示画面の幅は810 pixelとなりこれまでよりも50%以上大きくなりました。

リンク先を見る

これらの変更によって、ビジュアルの工夫次第で、ファンが自発的にアプリを起動する可能性も高まり、アプリ自体の表現可能性も高まるのではないかと思います。

6. Facebookページに対して、メッセージを送れるようになった

リンク先を見る

(オフに設定することも可能ですが、)Facebookユーザーがブランドに対して、直接個別的なメッセージを送ることができるようになりました。

この機能追加によってなんらかの危機が発生した際には、Facebookがその窓口になりえるのではないかと思います。

7. ランディングページがなくなる

これまで可能だったFacebookページに到達した際のページ設定ができなくなりました。
これによって、Facebookにおけるファン増加のための戦略は変更させられる可能性があります。(Facebook広告のランディングとしてアプリを設定することは可能)

8. 投稿のハイライト機能

リンク先を見る

これまで存在したFacebookページからの投稿、ユーザーからの投稿を切り替えはできなくなってしまいましたが、その代わりにユーザーによるFacebookページへの言及投稿をまとめて非表示にすることや文面の変更を求めることなどが可能になりました。これはコミュニティマネジメントの観点からみると非常に有用な機能ですね。

9. 投稿編集機能

それぞれの投稿について以下のような編集が可能になりました。
・ピン留め(7日間有効)
・スターによる拡大表示
・ファンの投稿の非表示化(削除する必要がない)
・マイルストーン投稿(過去の日付にハイライト的な投稿が可能)

10. カバー写真の設定が可能

リンク先を見る

こちらは様々な情報が既に発信してありますが、プロモーション情報、連絡先、アクション喚起、いいね!やコメントなどへの言及は禁止となっています。

---

以上、しっかり押さえておきましょう!:)
(それぞれの詳細については3/16に開催されるfMC Tokyo 2012で紹介される部分もあるかと思います。)

個人的には、今回のFacebookの仕様変更はFacebookにおける"ファン"を本来的な意味での"ファン"に近づけていくための取り組みであり、非常に好感をもっています。

短期的なインセンティブキャンペーンではなく、タイムライン機能を活用したストーリーの提示などファンとのエンゲージメントが深まる取り組みが増えることを期待しています。


【参考】
10 changes to Facebook you need to know / We Are SocialFacebook Reveals Mobile News Feed Ads and Massive Logout Page Ads | TechCrunch
Business Data Reporting In 5-10 Minutes, Not Days. Facebook Rolls Out Real-Time Insights | TechCrunch

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  3. 3

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  4. 4

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  5. 5

    ハイチュウ 米国大ヒットの軌跡

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  7. 7

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  8. 8

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  9. 9

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  10. 10

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。