記事

高齢者バトル"永田町のドン×官邸のドン"

■3年後に勝つのはどっちのドンか

自民党の歴史で最も盛り上がりを欠いたともいわれる2018年9月20日投開票の自民党総裁選は、連続3選を果たした安倍晋三首相が石破茂元幹事長の「善戦」を許して終わった。早々と続投が報じられた内閣の要である菅義偉官房長官、党ナンバー2の二階俊博幹事長は左団扇で暮らしているのかと思いきや、近年見ることができなかったほどの厳しい表情で熾烈な戦いに挑んでいるという。

それもそのはず、安倍首相(党総裁)の任期は残り3年。2021年9月には「安倍劇場」が終幕し、新しい「総理・総裁」が誕生する。「キングメーカー」(自民党関係者)と並び称される「2人のドン」を分析する。

菅官房長官(左・69歳)と二階幹事長(79歳)、どちらが勝つか。(時事通信フォト=写真)

18年最大の「選挙」である自民党総裁選の前後、2人の姿は沖縄県でしばしば見られた。故翁長雄志前知事の急逝に伴う沖縄県知事選の与党系候補応援のためだ。ある自民党担当記者が解説する。

「2人は18年9月に入り、3度ずつ沖縄へ応援に入っている。政府が目指す米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市への移設を着実に進めるため、与党系候補を当選させたいというわけだ。とはいえ、1つの地方選挙であることを考えれば、この応援態勢は異常。その裏には別の目的もある」

菅官房長官が小泉進次郎氏と並び立てば、二階幹事長は自民党を離れた小池百合子都知事にまで応援を要請。閣僚や党幹部らも次々と沖縄を訪れた。

■政界で「最も恐れられている政治家」二階幹事長

長く権勢をふるう2人の「裏の目的」とは何か。自民党中堅議員は「結局は官房長官と幹事長の主導権争い。どちらにつけば今後もよいのかを誇示しあう戦いだ」と見る。12年12月の第2次安倍政権誕生から官房長官の椅子に座り続ける菅官房長官は「選挙も仕切る番頭」として各種選挙の裏舞台にたびたび「登場」してきた。翁長氏に大敗した4年前の沖縄県知事選や名護市長選も裏で仕切り、「幹事長泣かせの政府高官」と揶揄されたこともある。

その「官邸のドン」も18年12月に古希を迎える。一般的には定年して老後生活を楽しむ年だが、政界ではまだまだ影響力を持ち続けたい年頃だ。しかしその願望の壁になりかねないのが、政界で「最も恐れられている政治家」二階幹事長だ。

かつては小沢一郎自由党代表の側近として知られ、自民党離党後約10年ぶりに復党すると「出戻り組」としては異例の要職を歴任。16年8月には自民党史上最高齢で幹事長に就任したのだ。

変幻自在といわれる「永田町のドン」の言動は、党本部を留守にしがちな安倍首相も気になる様子で、防衛相時代の言動が問題視された稲田朋美衆院議員を政調会長に起用した際には「二階さんのところには足しげく通うように」と指示したという。幹事長に次ぐ幹事長代行に最側近の萩生田光一衆院議員を就けている。「安倍首相は『変化に敏感』な二階氏の動きが気になって仕方がない」(自民党ベテラン議員)というわけだ。

とはいえ、安倍首相は15年総裁選で「無投票再選」のレールを敷いたことや、総裁任期延長に尽力した二階氏の貢献を高く評価。18年6月の新潟県知事選を徹底的な組織戦で勝利に導いた手腕も買っており、今や「永田町のドン」は政権維持に欠かせない存在といえる。

■安倍政権で1日でも長く官房長官で居続けたい菅氏

2人のドンは今後も並び立っていけるのか。全国紙のベテラン政治記者はこう解説した。

「安倍政権で1日でも長く官房長官で居続けたい菅氏と、『ボス』を替えてでも権力を維持することの大切さを知る二階氏の思惑は対照的でもある。ちょっとした軋みが生じれば、2人は次の時代を見据えた『権力の攻防』に入るだろう」

学校法人「森友学園」や「加計学園」をめぐる問題で野党の厳しい攻撃にさらされながらも政権を守り抜いた「トライアングル」も、3年後には解散だ。その前には、安倍首相が目指す北朝鮮の拉致問題解決や憲法改正、そして消費税増税という「3つの関門」が待ち構える。

19年春の統一地方選や夏の参院選の結果次第で、安倍政権は「レームダック」化するといわれる中で、2人のドンはどのように道を歩んでいくのか。「ポスト安倍」時代に向けた攻防は激しさを増している。

(写真=時事通信フォト)

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。