記事

2万部増刷で再認識した「投資初心者は永遠にいなくならない」


ビジネス書を書く仕事を始めてから、もう13年くらいになります。40冊以上の書籍を出版してきましたが、本を書いていて楽しい時は3つあります。

最初に何を書こうか構想をあれこれ考えること、原稿が完成して校了した時、そして販売してから「増刷」の連絡を受けた時です。

「図解 初めての人のための資産運用ガイド」(写真右)の2万部の増刷が決定しました。書店ルートで販売している携書版の「初めての人のための資産運用ガイド」と合わせて、シリーズで累計22万部を突破。

1万部売れればヒットといわれる出版不況のこの時代に、3年前に書いた本がいきなり2万部増刷というのは、うれしさを超えて驚きです。

この本は金融資産を使った資産運用の方法を投資未経験者の方、投資初心者の方にわかりやすく解説したものです。不動産投資も少し出てきますが、あくまで主役は投資信託を始めとする金融商品です。不動産投資についてはこちらの書籍をお読みください。

なぜ資産運用が必要なのかから始まって、多くの日本人が投資で資産を減らしてしまう原因の解説。さらに、資産運用を現状認識、目標設定、アセットアロケーションのプロセスで進めるための具体的な方法。そして、最後には保有資産金額別の投資方法の紹介と基本的な資産運用の方法を完全網羅しました。

今回の増刷で改めて感じたこと。それは「投資初心者は永遠にいなくならない」ということです。

自分の周りにいた投資初心者たちは、セミナーを受講したりするうちにどんどん成長していきます。数年前に初心者だった人が今や不動産投資で資産2億円というケースも珍しくありません。

そんな人たちと付き合っていると、今更投資の基本を知りたい人はいないのではという錯覚に陥ってしまいます。

しかし、世の中には、まだ投資ついて一歩を踏み出せない人や、社会人になったばかりでお金の勉強はこれからという人がたくさんいます。むしろ、そんな投資の初心者の方がマジョリティーなのです。

22万部といっても、また日本の人口からすれば1%にも満たない数字です。

最先端の資産運用について紹介すると共に、「初めての人のための資産運用ガイド」のような個人投資家の裾野を広げていくような啓蒙活動も並行して力を入れていきたいと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計20万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年10月18日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進化する日米同盟を嘆く韓国紙

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    日本の終身雇用制度が完全終了か

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  3. 3

    人気ラッパー語るアイドル界の闇

    BLOGOS編集部

  4. 4

    年収1000万円達成 早起きがカギ?

    キャリコネニュース

  5. 5

    高須院長 文政権は矛盾しかない

    NEWSポストセブン

  6. 6

    堀江氏 お金のため働く人は危険

    PRESIDENT Online

  7. 7

    田原氏 安倍首相は大問題解決を

    田原総一朗

  8. 8

    派遣会社が人手不足で倒産の皮肉

    中田宏

  9. 9

    キャバ嬢が勘違い客を一刀両断

    AbemaTIMES

  10. 10

    心折れる? 吉高主演ドラマに反響

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。