記事

仙谷由人さんを偲ぶ

私が国会議員をしていた15年間、ずっとお世話になっていた仙谷由人元官房 長官が、11日肺がんで亡くなったと報じられました。仙谷さんは、論客で「熟議」 の民主主義のために、各党の人脈や官僚とのパイプを上手につなぎ、その姿勢を 若手に見せて、多くのことを教えてくれていました。

弁護士の仙谷さんは、1990年 に当時の社会党から初当選し、1996年の旧民主党結党に加わり、1998年から の新しい民主党で、常に要職にありました。

2009年に発足した民主党の鳩山 内閣で行政刷新相として事業仕分けなどを指揮し、2010年の菅内閣で官房 長官に就任しました。

仙谷さんは、影の総理ともいわれていて、民主党政権には なくてはならない人でした。

私が厚生労働副大臣に、という連絡を受けたのも、 仙谷官房長官からでした。歯に衣きせず、正面から議論に挑む仙谷さんは、 ねじれ国会の中、中国船船長の釈放を巡って、当時の野党自民党から弱腰だと 批判され、参院で問責決議が可決されて、官房長官を退きました。

その後、 東日本大震災の時には、枝野官房長官を支える官房副長官として、被災地の 生活支援などを陣頭指揮していた姿が蘇ります。前原さんや枝野さんを初め、 多くの若手議員の師匠、兄貴、親分として、若手や経験の少ない議員を育てること に力を注がれたことが、強く印象に残っています。

自分で、経済専門家や歴史 学者などを呼んで、議員たち20~30人を対象に、勉強会を月1回位のペースで 何年も開催され、私もその一員として勉強させていただきました。

消費者問題特別 委員会で、現在の消費者庁を作る議論をしていた時、野党筆頭理事が仙谷さん、 与党筆頭理事が自民党の岸田さん、委員長が自民党の船田さんという、人に 恵まれたこともあり、国会での熟議とは何かを、身をもって体験させてもらい ました。

衆参で多くの付帯決議もつけ、もっと省庁間での調整能力を持つ強い 仕組みを目指していましたが、国会解散前のバタバタの中で、委員会の意向とは 違う組織ができてしまったことは残念ですが。

女性候補者を擁立するため、仙谷 さんとご両親を説得に行き、3~4時間ねばって、了解を得たことも思い出します。 私が厚生労働大臣の激務で体を壊して、落選を機に引退した時も、真っ先に食事 に誘ってくださいました。

以前に胃がんで胃を全部取られていましたが、その後は お元気そうで、またお会いする約束もあったので、本当に驚きました。民進党が、 国民民主党、立憲民主党に割れてしまっているなど混迷の今、ほんとうに必要な 方を失ったという思いで残念でなりません。心から、ご冥福をお祈りします。

あわせて読みたい

「民主党政権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。