記事

カナダの大麻合法化・住宅問題・難民などについて、販売者が首相に独占インタビュー/モントリオールのストリート誌『リティニエール』

1/2
カナダのホームレス問題対策向けの連邦予算は22億ドル(約1870億円)。

ジャスティン・トルドー首相は今後10年でホームレスを「半減」させたいとの意思を示している。
この度、カナダ・モントリオール(ケベック州)のストリート誌『リティニエール』の販売者らがジャスティン・トルドー首相にインタビューするというまたとない機会を得た。販売者らはしっかり質問を用意して臨んだため、対談は国内外のさまざまな問題に及ぶ深く掘り下げたものとなった。その多くは世界各地のストリート誌販売者、ホームレス経験者にも響くものだろう。

トルドー首相へのインタビュー前に議会前で。(左から)モスタファ・ロトフィ、マリオ・アルベルト・レイ・ザモラ(写真家)、イザベル・レモン、ジャンクロード・ノー

ホームレス問題への国家戦略について

“アフォーダブル住宅(*1)の新規建設とともに、既存住宅の改修にも投資が必要”

*1 アフォーダブル住宅:値段が手頃で、購入あるいは賃貸可能な住宅のこと。

販売者(モスタファ・ロトフィ):
この数週間で、カナダの複数の主要都市において、そこに暮らすホームレスの人数調査が行われました。現政権は「ホームレス問題の新国家戦略」(*2)にて今後10年間で約20億ドル(約1700億円)の予算を割くと公約しました。モントリオールの地域団体が提言してきた1億ドル(約85億円)が配分される見込みはありますか。

*2「ホームレス問題の新国家戦略」(英語)

トルドー首相に順番に質問する販売者たち(左から)ジャンクロード・ノー 、イザベル・レモン、モスタファ・ロトフィ 。質問はホームレス問題への国家戦略、アフォーダブル住宅、女性の権利、先住民、大麻合法化など多岐に渡った。

ジャスティン・トルドー首相:
国家戦略には、ホームレス問題の克服とカナダのホームレス半減を目的として、実に22億ドル(約1870億円)の予算を盛り込みました。予算はバランスを考慮し、全国に適切に配分されます。モントリオールのホームレス問題も十分に認識していますので、適切な配分を受けられるよう配慮します。

ただし、住宅への公共投資はホームレス問題のひとつの対策に過ぎません。他にもメンタルヘルス、依存症対策、労働市場に合った人材づくり、職業訓練、多様性の確保、先住民社会にむけた取り組みについて、多くの公約を立てました。これらの問題はすべて密接に関連しています。ひとまずホームレス問題対策費として22億ドル確保できたことは高く評価できると思います。

販売者(ジャンクロード・ノー):
首相の「国家住宅戦略(*3)」は、既存住宅の維持、シェルター用補助金、および低所得者向けアフォーダブル住宅の建設と複数要素から構成されています。現状、モントリオールだけでも24,000世帯がアフォーダブル住宅の待機者リストに登録しています。2019年10月の連邦総選挙までに何世帯分のアフォーダブル住宅が建設あるいは着工されるのでしょうか。

*3 「国家住宅戦略」(英語)

トルドー首相:

モントリオールのパピノー選挙区から当選した下院議員として、待機者リストに長年登録されている方々と対話を重ねてきましたので、それがどれほどストレスあるものなのか理解しています。だからこそ、真の国家住宅戦略に投資を行うのです。先のハーパー政権はこの問題に背を向けていましたから。

アフォーダブル住宅を新しく建設する必要性は理解していますが、既存住宅の改修にも資金を回さないといけません。繰り返しになりますが、予算は公平にバランスよく全国に分配してまいります。政権に就いて以来、私たちは相当額の投資を行ってきました。ビルやマンションの建設にはもちろん時間がかかりますが、今まさに取り組んでいるところです。

大麻合法化について

販売者(イザベル・レモン):
私たち販売者のなかには、ソフトドラッグ(*4)を手始めにハードドラッグ(*5)へと深入りしてしまった人もいます。私自身も精神病を経験しましたが、精神病患者が大麻を使用した場合には重篤な事態に陥る可能性があります。大麻の合法化にあたって、若者や社会的弱者にそのリスクを啓蒙するため何を行いますか?

*4 ソフトドラッグ: 習慣性のない薬物。
*5 ハードドラッグ: 習慣性のある薬物。


カナダ議会内にてジャスティン・トルドー首相のインタビューにのぞむ販売者たち(左から)ジャンクロード・ノー 、イザベル・レモン、モスタファ・ロトフィ

トルドー首相:
啓蒙活動はすでに始まっています。大麻が個人や社会にもたらしかねない悪影響について啓蒙キャンペーンに取り組み、投資も行っています。

現在のやり方では結果が出ていないことは明らかです。若者はいとも簡単に大麻を入手でき、その利益はすべて組織犯罪に流れています。私たちは大麻の規制と管理を行うことで、大麻販売で得た利益を医療サービスや大麻使用反対キャンペーンの広告にあてます。

もうひとつ根底から変わることがあります。現在、多くの人にとって大麻は他のドラッグへの入口となっています。なぜでしょうか? 大麻の売人が大麻だけでなくもっと強力なドラッグをポケットに忍ばせ、機会を見ては売りつけてくるからです。しかし、大麻が適切に管理規制された環境であれば、他のドラッグは扱っておらず、より強力なドラッグを売りつけることもないため、事態が悪化しにくいのです。

適切な住居を得る権利について

販売者(モスタファ・ロトフィ):
昨年、首相は全カナダ国民に対し「居住の権利」の向上を約束しました。国際的には、カナダは適切な住居を得る権利を謳う「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(*6)」への加盟国でもあります。この居住の権利を「カナダ憲章(Canadian Charter of Rights and Freedoms)」に含めないのはなぜですか。

*6 「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」(英語)

トルドー首相:
私たちは住宅問題に対し「人権に基づくアプローチ」を提唱しており、これは居住を人権と捉えることとは異なります。確かに人にはこの「居住の権利」があると言えるのですが、もしあなたの住まいが(先住民族が多く暮らす)サスカチュワン州北部にあって、この権利を事細かに規定されたなら、その意図を外れ必ずしも良い結果にならない可能性があります。

一方、私たちは国連が評価しているアプローチを取っています。人権、つまり尊厳、選択の自由、健康、安全を得る権利を戦略の中心に据え、これら全てが、安全で手頃な価格の家に住む尊厳につながる、という考え方です。正真正銘「人権に基づくアプローチ」なのですが、居住の権利を人権としてしまうと、文化や尊厳に対する侮辱になりかねないと思うのです。

トルドー首相と販売者モスタファ・ロトフィ

住宅への公共投資について

“この数年で改善したものの、カナダは依然「OECD」の男女賃金格差の平均値に遠く及びません。”

販売者(ジャンクロード・ノー):
 2017年度予算について、住宅を所有しやすくするため今後10年間で110億ドル(約9,350億円)以上の投資を行うと発表されました。しかし、その90%の投資が始まるのは2019年、選挙の年です。適正な住宅を必要としている160万世帯のカナダ国民になんと説明しますか。

トルドー首相:
 アフォーダブル住宅の新規建設や既存住宅の補修が対応できていない状況で、投資計画だけ発表し、お金を使い始めても誰のためにもなりません。これはもっと時間をかけて行うべきこと。逼迫した状況を理解しているからこそ、最大限の努力をし、一連の作業のスピードアップを図っています。投資対象となる新しい住宅もなくお金をばらまけば、そのお金はそっくり既存の大家の懐に入るだけ。問題の根本的かつ長期的解決にならないことは、皆さんお分かりいただけると思います。

女性の権利と男女平等について

販売者(イザベル・レモン):
国際NGO「ONE」によると、世界中の女子のうち1億3,000万人は学校に通っていません。女性の10億人は銀行口座を持っておらず、毎日39,000人の女児が結婚を強いられています。カナダ国内でも、同一労働に対し女性は同じ賃金を得られていません。首相は「女性の平等」をG7の優先課題としました。G7による対策で女性の生活は変わるのでしょうか。

トルドー首相にインタビューする販売者たち(左から)ジャンクロード・ノー 、イザベル・レモン

トルドー首相:
ご存知の通り、これは私にとって最優先課題です。世界中のリーダーを集め男女平等に関する諮問委員会を立ち上げ、G7に対してアドバイスや対策の提案をしてもらっています。 彼らがおこなった助言のひとつに、内戦や難民キャンプなど危機的状況に生きる若い女性達への教育機会の提供がありました。

教育を受けられることで、本人の人生、その家族、彼らの社会そして世界までもが変わる力があります。 だからこそG7は、困難あるいは危機的状況にいる少女と女性を対象に数億ドル規模の投資を行っています。

これは「男女平等」と「賃金格差解消」の対策に加えて行います。 この数年で改善が見られたものの、カナダは依然「OECD(経済協力開発機構)」の男女賃金格差の平均値に遠く及びません。だからこそ、私たちは賃金格差解消に向け積極的に提案しています。

女性の地位向上や自立に向け議論することは、単に倫理的だからとか正しいことだからではありません。これは経済の議論であり、そうするのが賢明だからです。 活躍する女性が増えれば、経済も好転し、経済成長がもたらされます。 対策を提案することで、より良い解決策、より良い決断が出せるようになるでしょう。私たちはさまざまな理由からこの問題に取り組んでいるのです。

難民がホームレス支援事業にもたらす重圧

販売者(モスタファ・ロトフィ):
昨年、2万人を超える移民が難民としてカナダに入国、 その大半がケベック州ラコールにやってきました。 その数はこの夏に史上最多となることはさまざまな事由から明らかです。こうした人の流れが、ケベック州のホームレス支援事業(住宅、フードバンク、炊き出し、衣類提供など)に多大な負担となっています。流入してくる移民に最前線で対応している団体を首相はどのように支援しますか。 ケベック州政府が負担している支出を補填するのですか。

トルドー首相:
移民は社会の強さ、成長と利益の源であると私たち全員が認識しています。 国民は高齢化し、産まれる子供の数は年々減っていますから、移民に来てもらって活躍してもらわなくては。 とは言え、厳しい移民審査は設け、不正入国の恐れがある場合に適用されるルールもあります。

カナダで難民申請する人々が本当に戦争、テロ、迫害や暴力から逃れてきた「正当な難民」であるかはしっかり審査されますのでご安心ください。 難民と認められない場合は送還される、あるいはそのような人が申請できる(通常の)移民プログラムもあります。

難民向けの「難民保護システム」において、医療や住宅に追加コストが発生していることは認識しています。連邦政府は各州政府と連携し、難民支援に使われるお金がきちんと必要としている人に渡るよう取り組んでいます。

あわせて読みたい

「大麻」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  3. 3

    宗男氏「日ロ会談で歴史動いた」

    鈴木宗男

  4. 4

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  5. 5

    徴用工判決 韓国内でも疑問の声

    NEWSポストセブン

  6. 6

    山本一郎氏 川上量生氏を提訴へ

    やまもといちろう

  7. 7

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    日露会談 安倍首相は譲歩しすぎ

    大串博志

  9. 9

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  10. 10

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。