記事

豊洲とヤクザ 流通アワビの45%が密漁品という魚市場の暗部


【開場したばかりだが…(共同通信社)】

 豊洲市場の開場はさまざまな形で報じられたが、この新市場が、築地から続く“暗部”を抱えたままであることを触れようとする者は少ない。市場最大のタブーに、新著『サカナとヤクザ』が話題のライター、鈴木智彦氏が、潜入取材で切り込んだ。

 * * *
 築地市場の後を引き継ぐ豊洲市場は、最新鋭の設備を誇る。もはや商品である魚が雨風に晒されることもなく、カモメの糞が落下することも、ネズミに囓られることもない。

 しかし、市場は決して浄化できない“汚染”がこびり付いている。密漁品だ。全国各地の港からヨコモノ(密漁品)が運ばれ、正規の品と混じり合い、小売店を通して消費者の食卓に運ばれる。こうした密漁品は、ほぼ間違いなく暴力団のシノギであるため、消費者は否応なくヤクザと共犯関係になる。最新鋭の豊洲市場はそれをつなぐ媒介である。

 実際、市場を管理する東京都中央卸売市場総務課は苦し紛れに言う。

「衛生面での抜き打ち検査などを実施していますが、扱われている水産物が密漁品かどうかの検査は特定も難しく、行なっておりません。現状、卸会社や仲卸会社との信頼関係に基づいているということです」

 つまり密漁品の混入はチェックできず、野放しということである。資源の枯渇や環境破壊の原因とされ、その根絶が叫ばれるIUU(Illegal, Unreported and Unregulated=違法、無報告、無規制)漁業は日本の宿痾だ。

 5年前、密漁アワビの売買を取材するため、築地市場の仲卸業者にバイトとして潜入した際、密漁品の横行する現場を目撃した。

 築地での仕事中、知り合いのヤクザとばったり会い、「密漁品はないか」と訊ねたところ、とある業者を紹介された。密漁アワビはそこで堂々と売られていた。

「もちろん仕入れ値は買い叩く。キロ8000円が相場なら、密漁品の場合500円から3000円。仕入れ先は漁師が多い。不意の現金収入が必要になって、自分たちがいずれ獲るはずの(禁漁期間に密漁された)アワビを売りに来る」

 その業者は、実際に「千葉県産」と偽装した静岡県産の密漁アワビを私に見せた。密漁と産地偽装を駆使することで、おおっぴらに密漁アワビを店頭販売するのだ。

 働いていた仲卸業者の役員も、「(築地で密漁アワビは)売られている」と語る。いったい日本では、どのくらいのアワビが密漁されているのか。

 平成15年7月の『養殖』に掲載された多屋勝雄氏(水産学博士)の調査では、全国のアワビ流通量から漁獲量と輸入量をマイナスし、他の要素を考え合わせて密漁の規模を割り出している。それによると、日本で取引されている45%、およそ906トンが密漁アワビの計算になる。我々はアワビを食べる時、2回に1度は暴力団に金を落としている。市場に流通する半分が密漁アワビ、言い方を変えれば盗品というのは異常な状態という他ない。

 密漁アワビの売り上げをキロ4000円で計算すると40億円弱にも上る。アワビだけでこれだけの額だから、“黒いダイヤ”と呼ばれるナマコや、大アサリ、秋鮭などの高級魚介類を含めれば、軽く100億円産業となるだろう。

 ウナギの稚魚で“白いダイヤ”と呼ばれるシラスウナギは、その3分の2が密漁及び密流通とされる。ロシアから輸入されるカニは、水産専門誌の『マリン・ポリシー』2017年10号によると、17~25%が密漁・密流通であるという。

◆暴力団の協力が欠かせない

 アワビの密漁で捕まった経験を持つ密漁団のリーダーは、三陸で密漁した時の経験をこう語る。

「密漁には地元暴力団の協力が欠かせない。そもそも大の大人が10人近くずっと旅館に泊まって、夜になると出かけていくのが怪しいですよね。だから地元のヤクザに相応の金を渡し、旅館を用意してもらいます。あと他府県ナンバーの車も怪しまれる。これも地元のヤクザから借ります」

 彼のバックは山口組系だが、住吉会や稲川会とも太いパイプを持っている。密漁で築き上げた裏人脈である。だが、何も暴力団や密漁団だけが悪人というわけではない。そうと分かって仕入れる水産業者との共生関係が構築されている。

「密漁アワビを買うのは市場に卸せる普通の業者です。密漁品は業者の手でロンダリングされ、養殖物と混ぜられ、綺麗なアワビになって市場に出回ります」(密漁品を取り締まる海保職員)

 平成20年、築地市場では密漁アワビの売買が事件化した。宮城県警と海上保安庁が、築地市場と札幌市中央卸売市場にガサ入れ(家宅捜索)を行ない、その後の捜査で、東証一部上場の東都水産従業員、ならびに丸水札幌中央水産社員の2人を、密漁アワビと知りながら販売した疑いで書類送検した。そのアワビは仲卸、小売店を経て、寿司屋などから一般客の口に入っていた。

「市場は、あくまで場所だけ貸している立場です。売り物は業者が持ってきて、ショバ代を取るだけだから、それが“どんな素性のアワビかは知る由もない”ということになっている。けど、プロが分からないはずがない。市場ぐるみで密漁品と知っていたはずです」(同前)

 その後、築地市場からの要請を受けた卸業者らは、原産地証明のないアワビは買わない、箱に出荷者名、産地、規格が明示されていないアワビは取り扱わない、原則漁協などに登録してあるアワビ取扱業者に限るなどの対策を打ち出した。

 だが、密漁アワビの流通は止まっていない。市場の関係者たちは豊洲でも善意の第三者を気取り、密漁品を堂々と売買するのだろう。

 2020年には、豊洲市場移転を急いだ理由である東京五輪が待ち受ける。

 オリンピックでは持続可能で環境に配慮した食材を提供しなくてはならないという理念の下、ロンドンやリオではMSC/ASC認証が採用された。通称、海のエコラベルと呼ばれるこの国際基準では密漁などの違法漁業で獲られた魚は厳しく取り締まられ、これを当てはめると、日本が提供できるのは北海道のホタテなど数品目しかない。そのため東京五輪ではMEL/AELという独自基準を採用した。

 国際基準は到底クリアできないので、水産庁の外郭団体に審査を担当させ、大幅に基準を低くしたのだ。これなら密漁品を世界のアスリートに味わってもらえる。こうして密漁品が堂々と大手を振って市場に流通する仕組みが生き残った。世界的に魚需要が高まるなか、日本の汚点はどう映るのか。

●すずき・ともひこ/1966年北海道札幌生まれ。『実話時代』の編集を経てフリーライターへ。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)など著書多数。足かけ5年にわたって取材を重ねた新刊『サカナとヤクザ』(小学館)も話題に。

※週刊ポスト2018年10月26日号

あわせて読みたい

「漁業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  3. 3

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。