記事

消費税増税がどれほど間違っているか検討してみる

2/2

■消費税を上げても、税収全体が上がらない当然の理由

消費税はその名の通り、消費が活発になり売買が行われるほど、税収増となるシステムです。だから好景気になって消費が多くなり、売買が増えれば、自動的に増収となります。当たり前ですね。

消費税率が上がると、当然のことながら物価を直撃します。原材料も上がり、運送費も上がり、通信費も上がります。単に店頭の価格が上がるだけじゃない莫大な影響があるのですね。その結果、消費が冷え、消費税も含めた税収全体が落ち込んでしまうのです。消費税率を上げても、税収全体が増えないどころか減少することすらあるのは、そのせいです。

過去にそうだったのですから、今回も景気後退が起きます。ポイント制などの小手先を駆使しても、焼け石に水であることは間違いありません。

では、どうやって税収を上げるのか?

■インターネット時代に合わせた新たな税収の仕組みを

これまで納税してこなかったグローバル企業に課税するための、新たな仕組みを作っていくことが必要なのです。たとえば、インターネットを駆使したグローバル企業が典型です。彼らは現在の「本社が当該国にある企業に課税する」という従来の税制度の隙間を突いて、莫大な課税を逃れてきました。アマゾンなんかが典型です。

「アマゾン、日本で巨額の「税金逃れ」か…過去5〜7年分の追徴課税の可能性」2017.10.06

アマゾンでは購入者が商品の評価を書き込むことができるが、そのレビューの内容をめぐって、東京都内のNPO法人がアマゾンのアメリカ本社と日本法人に対して投稿者の情報開示などを求める訴訟を東京地方裁判所に起こしていた。

その訴訟のなかで、アマゾン側は「日本語サイトの運営主体は、日本法人のアマゾンジャパンである」と認めて敗訴したのだ。それにともなって、アマゾンジャパンは巨額の無申告重加算税(無申告加算税に代えて課される重加算税)を追徴される可能性が生まれた。

https://biz-journal.jp/2017/10/post_20877_2.html

アマゾンは、長らく日本法人に関して、「物流施設のひとつであり、アマゾンが日本で直接的な事業活動を行っているわけではない」と弁明してきました。だから、とんでもない利益を日本で稼いでいるにも関わらず、税収を収めてこなかったわけです。

ところが、あるNPO団体に所属していた人の書籍について、中傷する「口コミ」が連発され、投稿者の情報開示を求める訴訟が起きました。アマゾンの「口コミ」の管理者は、いったい誰なのか? 訴訟でアマゾンは、口コミ管理も含めた日本語サイトの運営が、アマゾンジャパンにあることを認めざるを得なくなり、敗訴する破目になりました。2016年のことです。

アマゾンが日本に上陸した2000年から、敗訴するまで16年間。アマゾンは嘘をつき続けてきました。兆を軽く超える莫大な脱税です。

他にもアップルやマイクロソフトなどのグローバル企業も、様々なインターネットサービスについて同じ理屈で税収を逃れています。日本だけでなくEUなどとも連携が必要な問題ですが、この3社だけでも何十兆円もの税収を取り逃がしているわけです。こういう企業は、これからも減らないでしょう。むしろこれからも増えていくと考えた方がいいです。

景気後退のリスクを抱える消費税増税に走るより、インターネットを介したグローバル企業への課税を、どうするのか考える方が、結局は日本の未来を拓くのではないでしょうか?

当ブログが指摘した「<旭日旗問題>日本が反撃をしてこなかったツケ」のような外交問題と共に、消費税のような内政問題でも、日本政府が正しい選択をすることを期待しています。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打めぐり拡散されたデマ

    かさこ

  2. 2

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  3. 3

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  4. 4

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  5. 5

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  6. 6

    衝撃れいわ支持率 議員が危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  8. 8

    邦人逃亡犯はなぜフィリピンへ?

    WEDGE Infinity

  9. 9

    還暦AV女優が明かすやりがいとは

    PRESIDENT Online

  10. 10

    矢沢永吉「悠々自適なんてウソ」

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。