記事

「政治は「生きづらさ」という主観を救えない」という小川榮太郎氏の論考を読んだ

1/2

次に「政治は「生きづらさ」という主観を救えない」という小川榮太郎氏の論考を読んだ。新潮45の2018年10月号、「そんなにおかしいか「杉田水脈」論文」という特別企画のひとつだ。

テレビなどで性的嗜好をカミングアウトする云々という話を見る度に苦り切って呟く。「人間ならパンツは穿いておけよ」

冒頭の文章はこうだ。性については公に語るものではない、それは「アダムとイブ」以来のタブーである、という主張である。

この見解はそれほど的外れではない。性的タブーの程度は文化や宗教によって様々だが、性行為がある程度のタブー性を持つのはほぼすべての文化や宗教に存在する。同性愛がタブーなものもあれば、近親相姦がタブーなものもある。公の場で性行為を行うのはほとんどの社会でタブーである。「性」に文化的な抑制がかかるのは、当然視されている。このことは、拙著「感染症医が教える性の話」でも書いた。

ただし、このタブーというのはシンプルに否定的な概念であるがゆえにタブー、とは限らない。抑制はエロティシズムを惹起する上で重要な要素だったりするからだ。

我々が全裸で生活し、性行動を公の場で平気で行うようになれば、そこにはわいせつ性もエロティシズムも皆無になり、ついにはタブーな感覚そのものもなくなっていくはずだ(タブーとは得てしてそういうものだ)。タブーであるがゆえにそこにはエロティシズムが喚起されるのであり、性は単なる生殖行為といった動物的なものではなくなる。小川氏は「人間の性行為は「動物的な生殖行為」ではなく、羞恥すべきタブーにして密かな快楽としての性を生きる「人間」になった」と述べる。ぼくならば「タブーだからこそ密やかな快楽」なのだ、と換言したい。

さて、この緒言は杉田論文批評とはなんの関係もないパートのようである。では、本論を検討する。

小川氏は「無論、税金には、生産性という観点で救えない弱者に割り当てられる機能もある」とある。が、前回申し上げたように、LGBTに「生産性」がないわけではなく、かつ、杉田氏的に「生産性がない」人たちは他にもたくさんいる。LGBTは生産性という観点で救えないわけではなく、そもそもそういう観点から「救う」べきか否かというのは論点ですらない。「生産性という観点」「で」救えないのがLGBTであるとするならば、生産性という観点から救えばよいのだから(その方法はすでに述べた)。

ここには、杉田氏自身が述べたLGBTに「税金を使うのはおかしい」という意見の根拠が「生産性がない」からだという意見と、「生産性がないという観点で救う」という意見が混同されている。もっとも、小川氏が、差別的な意味で使うより一般的な意味での「救えない」人々という意図を込めて、この文章を使ったのであれば首尾一貫しているのかもしれないけれど。

次に、小川氏は杉田氏の勇気を称賛する。「多くの人々が内心共感しつつも、黙らせられているテーマについて果敢に発言する珍しい蛮勇がある」と。小川氏は文脈から解するに明らかにこの文章を褒める目的で使っているのだけれど、「蛮勇」とは「物事の筋道をよく考えないで、しゃにむに発揮する勇気、向こう見ずに突進する勇気」とある(日本国語大辞典)。この文章は色んな意味で正しいと思うので、ぼくも反論はしない。

あわせて読みたい

「新潮45」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  7. 7

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  8. 8

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  10. 10

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。