記事

物への投資から人への投資に切り替えるべきだが、朝鮮高等学校の無償化には反対

またぞろ朝鮮高等学校の無償化問題が取り沙汰されるようになった。

朝日というのは、ずいぶん変な新聞である。

今朝の社説で、「朝鮮学校側が開かれた教育への姿勢を示しつつある。教科書の記述も改める動きが出てきた。父母の間にも、祖国の「3代世襲」に違和感を持つ人もいる。教室に肖像画を掲げることも考え直す時期だろう。そして、自国の負の部分を教えるべきだ。」と書いている。
要するに、朝鮮高等学校の教育の現場がとても日本政府が関与できるような状況にはなっていないことを朝日は端的に書いている。
公の支配に属さない私的な教育機関には国が財政的な支援をしないのが原則である。

日本の公権力の支配を受けないことが明らかな朝鮮高等学校にも高校無償化の恩恵を広げるべきだという朝日の主張が私には理解できない。

「他の外国人学校制や日本の公私立高生は、2年前から無償化の恩恵を受けている。普通の家庭で念12万円弱になる。その財源にと、特定扶養控除の一部が減らされた。この負担は朝鮮学校生の家庭にも等しく課されている。
立法の目的として説明された「すべての意思ある若者が教育を受けられるよう」を当てはめれば、(朝鮮学校にも)認めるのが自然だ。」

これは、違う。
そもそも高等学校の一律無償化というばら撒き政策がおかしいのだが、公の支配に属しない教育機関に国費を投入することが間違いである。
北朝鮮を祖国とし、北朝鮮が実質上その教育を支配しているのであれば北朝鮮が財政的な支援措置を講じるのが自然である。
外国政府によってコントロールされる教育機関を日本がそのまま受け入れるか、という重大な問題があるが、いずれにしても日本政府が朝鮮学校に対して財政的な支援を行うべき理由がない。

北朝鮮と国交があり、日本として北朝鮮政府を受け入れ、外交交渉の一つとして相互主義の観点から朝鮮学校への財政的支援を約束したという事実があれば別だが、わが国は北朝鮮政府を公式には認めていない。
国交正常化交渉がまだ成立していないのだから、日本政府だけが野放図に朝鮮学校への支援を行うというのはおかしなことである。

私は、これからは物に投資する時代ではない。
人に投資するべきである。
教育に力を注ぐべきである。
そう、主張しているが、この場合の「人」は日本の若者である。
いくら国際化が進展し、グローバルな視点が必要だからと言って、日本の国益の増進に寄与しないことに国費を投入すべきではない。

余力があれば、国際貢献は結構である。
しかし、日本にはもう余力はない。
Japanese first!

朝日は、なんで朝鮮学校にこんなに甘いのだろうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。