記事

“四度目の正直”で箱根路へ 東大生ランナー・近藤秀一の折れない心~予選会で「学生連合チーム」入りが確実に~ - 山崎 ダイ

「さすがに今年は厳しいかもしれないな――」

【写真】陸上自衛隊立川駐屯地で行われた箱根駅伝予選会

 そんなことを考えながら向かったのは、10月13日に立川の昭和記念公園で行われた、第95回箱根駅伝予選会だ。

トラックの記録も各校のエース級と遜色ない

 本戦の出場枠を争う各校の熱い戦いはもちろん興味深いのだが、例年同じくらいに楽しみなのが学生連合チームに関わるランナーたちの走りだ。予選会で敗退した大学の中から、留学生を除く個人成績上位者を中心にチームが編成される。

 チームとしての出場は無理でも、なんとか箱根駅伝本戦の経験をチームに持ち帰りたいというそれぞれのランナーの気持ちのこもった走りは、それだけで胸が熱くなる。

箱根駅伝予選会を走る東京大学・近藤秀一 ©文藝春秋


 そんな中でここ数年、毎年注目を集めていたランナーがいる。それが東京大学4年の近藤秀一だ。理由はもちろん、日本最難関の東大という環境に身を置きながら箱根駅伝でも活躍できるレベルの走力を備えているからだ。昨年2月には東京マラソンに挑戦し、2時間14分13秒の記録をマーク。トラックの記録も各校のエース級と遜色なく、勝負強さも兼ね備えている。

 ただ、冒頭のように、正直今年は学生連合への抜擢は難しいのではないかと思っていた。左ひざの故障を抱えて8月からは練習が継続して積めておらず、9月頭からは3週間近く全く走れなかった。ようやく10月に入って本格的な練習を再開し、何とかスタートラインに立てる状況に持ってきたようなぎりぎりのコンディションだったからだ。「予選会1週間前にはまともに走れるか半信半疑だった」と本人も語っている。

最後の最後でアクシデントに見舞われてきた

「駅伝を見るファンのひとたちも本当のトップ・オブ・トップだけから影響を受けるわけじゃない。自分みたいに強豪校とは違う環境でもこれだけやれるんだというのを見て、少しでも陸上競技や箱根駅伝に憧れをもってもらえたら嬉しいです」

 常々そう語っていた近藤だが、最終学年を迎える今年まで、一度も箱根本戦には出走できていない。これまで3年間とも学生連合のメンバーに選ばれながら、最後の最後でアクシデントに見舞われたからだ。

 1年時はメンバーの中で予選会の記録が11番目と、ギリギリでエントリー漏れ。2年時は予選会では10番手に入りながら、その年の監督の意向で急遽、別の記録会が選考会として追加に。そこでの走りがもう一歩足りず、メンバーから外れた。

 満を持して迎えた昨年は、予選会の記録でトップ通過。後の記録会でも快走を見せ、1区にエントリー。各校のエースと勝負するはずが、まさかの直前のインフルエンザ罹患というアクシデントに見舞われた。

「去年は本当に絶望した、というか、それ以上に『まさか』という感じでした。緊張で体調を崩したのかな、くらいに思っていたので……」

外野ながら懸念をしていたが……

 3年間続けて、あと一歩までは近づいた。

 それでも箱根を走ることは叶わなかった。

 今年が近藤にとって最後の箱根路へのチャンスだ。にもかかわらず、故障の影響で状態は上がっていない。これだけマイナス要素が揃ってしまうと「自分は箱根駅伝には“縁”がないんだ」と考えてしまうのではないだろうか。そう、外野ながら懸念をしていた。

 だが、近藤は強かった。

 レースが始まると、スタートからきっちりとペースを守る安定感のある走りを見せ、1時間3分44秒で全体47位。敗退校のなかでは3位の順位に入り、学生連合チーム入りを確実なものにした。

「今は終わってホッとしています。今年は4年間で一番キツイ予選会でした。今の状況では100点をあげられる走りだと思います。あとはここをスタートにして練習を積んで、自信を持って本戦に臨めるようにできるといいと思います。まだまだ満足はしていませんし、これからの自分の走りには期待しています」

「東大のせいか理論派と言われますけど……」

 それにしてもだ。

 これで近藤にとって4度目の予選会となったが、気候状況やコンディションに関わらず、4度ともしっかりと結果を残した。これは想像以上にハードルの高いことだ。特に近藤は「東大ランナー」として1年目から過大な期待をその双肩に担ってきた。どうしても「チーム」ではなく「個人」が注目されがちな東大陸上部において、そのプレッシャーは決して軽いものではなかったはずだ。

 さらにこれまであと一歩で本戦に出られなかったという状況を鑑みると、それでも毎年、選考に絡んでくる結果を残し続けたその精神力は称賛に値する。力はあっても狙ったレースでその実力を出し切る難しさはよく分かるし、実際にそうして力を出し切れないランナーは多くいる。しかもそれを4年連続でできるという勝負強さは、一体どこからくるのだろうか。

「今年は最後のチャンスだったんですけど、それはプレッシャーというよりは『絶対にやらなきゃ!』とプラスに働いた気がします。そのプラスが自分をここまで走らせてくれたのかなと。

 東大のせいか理論派と言われますけど、自分は割と気持ちでもっていけるタイプなんです。一発『ここだ』と思ったレースにはバンッとぶつけられる。当日のレース展開も含めてそういう部分には自信をもっています。悪くても悪いなりにしっかりまとめられるし、どんな状況にもかかわらず、自分の100%を尽くして、それで結果を受け入れることしかできない。その結果を受け入れられるような心持ちで臨むのが一番大事なのかなと思っています。20kmは絶対に弱気になったら走れる距離ではない。特に今年は学生として最後ということで、ある種の“義務感”もあったと思います。それでなんとか押し切ることができました」

「まだ若いし行けるところまでは競技を突き詰めてみよう」

 来春の卒業後は青学大の原晋監督もアドバイザーを務めるGMOアスリーツへと進む。同時に進学する東大大学院では、これまでの専攻とは畑の違う運動生理学を学ぶ予定だ。

「色んな選択肢はありましたが、まだ若いし行けるところまでは競技を突き詰めてみようと思いました。後悔はしていませんし、まずはこのフィールドで進んでいこうと思います。箱根も去年の二の舞にはならないように気を付けて、このチャンスをつかめるように生活や練習をぬかりなくやっていきたいです」

学生連合のタスキに色はない

 近藤には、今でも記憶に残っている姿があるという。それが、昨年自身が欠場した箱根駅伝本戦で、代役を務めた矢沢健太(当時・芝浦工大4年)の走りだ。自分のベスト記録を上回るペースで進んでいく高速レースに矢沢は食らいつき、自身の100%以上の実力を発揮してみせた。

「矢沢さんは直前まで箱根駅伝を走れるか分からなかった状況にもかかわらず、手を抜かずにギリギリまで完璧な準備をしていました。その姿勢には本当に感動しました。自分もあの姿勢を見習わないといけないと思います」

 学生連合のタスキに色はない。

 毎年、選手も監督もガラッと変わり、普通のチームのようにチームカラーがあるわけでもない。それでも、受け継がれるものはある。昨年の矢沢の走りは、近藤の強さを形作る一端になっているのだろう。

「大学4年間の集大成の走りを、応援してくれている人たちに見てほしいです。皆さんに“何か”を伝えられるような走りができればと思っています」

 4度目の正直にして、最初で最後の大舞台。

 今年こそ、近藤の魂の走りを箱根路で見てみたいと切に思う。彼は最後の最後に、我々にどんな走りを見せてくれるだろうか。

(山崎 ダイ)

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車の迷惑行為 リュックが最悪?

    非国民通信

  2. 2

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  3. 3

    防弾少年団 韓国大統領とも親密

    SmartFLASH

  4. 4

    韓国に大人の対応ができない日本

    AbemaTIMES

  5. 5

    BTSがナチス演出? 韓国は擁護か

    tenten99

  6. 6

    上場情報漏洩 早出し記事許すな

    川北英隆

  7. 7

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  8. 8

    メルカリ 新卒6割インド人の理由

    高橋亮平

  9. 9

    徴用工判決に日本の親韓派も失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    豊洲は新規業者阻む慣習刷新せよ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。