記事

中途半端なポストを受けた進次郎の残念さ

実に微妙な人事である。自民党総裁3選を受けて安倍晋三首相が行った内閣改造と党役員人事。注目の小泉進次郎氏は党厚生労働部会長になった。「入閣か、無役か」と注目を集めていただけに、中途半端な印象は否めない。なぜ小泉氏は「中途半端なポスト」を自ら希望したのか――。

2018年9月16日、街頭演説で、縄県知事選挙候補者の佐喜真淳氏と並ぶ小泉進次郎氏と菅義偉官房長官(写真=時事通信フォト)

■うれしさも、悔しさも「中ぐらい」

最初から安倍氏の勝利が確実視されていた先月の総裁選では、勝敗よりも、党内随一の人気者、小泉氏の動向に注目が集まった。安倍氏につくか。挑戦者・石破茂元幹事長を応援するか。それとも態度を明らかにしないのか……。このあたりの経緯は「安倍側近が"進次郎はこっち"と強がるワケ」や「安倍3選で"小泉大臣"がウワサされるワケ」などで詳しく紹介しているので、参照いただきたい。

簡単に説明すると、小泉氏は石破氏に1票を投じた。ただし、そのことを明らかにしたのは投票直前の20日昼。焦点となっていた党員・党友による地方票の投票は、締め切った後だった。石破氏は、早い時期に小泉氏の支援を受け、2人3脚で全国を行脚してブームを巻き起こしたいと考えていた。支援を得たのはありがたいが、2人で遊説はできなかった。

石破氏は党員投票で全体の45%を確保し、善戦した。もし、小泉氏が1週間早く意思表明していたら党員投票では安倍氏を上回っていたかもしれない。そういう考えると、うれしさも「中ぐらい」だった。

一方、安倍氏からみれば、小泉氏が敵側に回ったことは不愉快だが、損害は最小限に食い止められた。こちらも悔しさは「中ぐらい」だった。

■橋下徹氏は「残念。全く意味不明」と切って捨てた

総裁選の議員投票直前に石破氏支持を打ち出したのは熟慮に熟慮を重ねての決断だった。石破氏を立てつつ、安倍氏と決定的な対立を回避する絶妙のタイミングといえる。

ただ、その結論の出し方は、歯切れがよい発言と行動が売りの普段の小泉氏の手法とは違う。むしろ「足して2で割る」従来型の政治手法に似ている。橋下徹元大阪市長がテレビ番組で、小泉氏の決断を「残念。全く意味不明」と切って捨てたのも、そういう空気を言い当てている。

■小泉氏がつくポストとしては、あまりに地味

中途半端な対応だった小泉氏は、どう遇されるか。人事権者である安倍氏は、石破氏側についたことに怒り、徹底的に干すか。それとも、あえて石破氏についた小泉氏を厚遇して大人の対応を見せるか。人気者の小泉氏を閣内に入れれば超目玉人事としてイメージアップにもつながる。安倍氏も随分悩んだことだろう。

結論は「厚労部会長」だった。厚労部会長は、自民党の社会労働族議員を束ね、厚労省と連携、調整する重要ポスト。政府が政策をつくる時も、部会長の理解は必須だ。

安倍政権は今、政策の柱として「全世代型社会保障」を掲げている。「こども保険」を提唱している小泉氏を部会長に起用して「全世代型」の注目度を高めようという思惑が安倍氏にあったことは、容易に推察できる。

ただ、小泉氏がつくポストとしては、あまりに地味だ。党部会長ポストは衆院議員なら当選4、5回がつくことが多い。小泉氏は4回生なので適齢期ともいえるが、常に注目を集めてきた小泉氏のポストとしては寂しい。

今回の人事では当選3回の山下貴司氏が法相に抜てきされたことを考えると、小泉氏は、厚労相に起用されても不思議はなかった。

■安倍、石破の両氏の顔を立てるのに気を使った

実は厚労部会長ポストは小泉氏が自ら希望していた。複数の自民党幹部が、小泉氏から希望を伝えられたことを認めている。猟官運動のイメージとは程遠い小泉氏が、なぜ、部会長を希望したのか。

総裁選で安倍、石破の両氏の顔を立てるのに気を使った小泉氏だが、その後の人事でも相当気を使ったようだ。

総裁選で石破氏を推した立場からすると、筋を通してあらゆるポストを辞退する道もあった。そうすると「石破派」の色が強くなり、安倍氏との関係が決定的になってしまう。

一方、安倍氏から閣僚や党首脳のような主要ポストを打診してきたらどうするか。小泉氏を大臣に起用したら、内閣の目玉ができる。「石破陣営からの起用」「若手の登用」というメッセージにもなる。安倍氏ならずとも考えつきそうだ。

■安倍氏も異論はないし、石破氏も許容範囲

しかし、それに食らい付くと「総裁選の対応は、安倍氏と話がついていたのではないか」などと、痛くもない腹を探られかねない。石破氏側との関係もこじれてしまうだろう。

重要ポストについても無役になっても角が立つ。そこで、小泉氏は自ら「部会長」というビミョーなポストを求めたという推理が成り立つ。安倍氏も、このポストに小泉氏を起用することに異論はないし、石破氏も許容範囲だ。

「全世代型社会保障」の議論の中で、マスコミは小泉部会長の動向を追い続けるだろうから、小泉氏にとっても悪いポストではない。この厚労部会長というポストは、安倍氏と石破氏と小泉氏の関係のバランスを考えると絶妙だったといえる。

■「沖縄知事選では以前ほど人が集まらなかった」

小泉氏は、今回の人事を通じて安倍氏と石破氏の間で、うまく立ち回ることに成功したようだ。総裁選での対応といい、考えに考えた、老成された対応ともいえる。

ただ、やはり分かりにくさがついて回る。父親・純一郎氏譲りの歯切れ良さが売りだった小泉氏。今回の「大人の対応」が、世論にどう映るか。小泉氏の人気に陰りが出ることになりはしないか。

そういえば、ある自民党幹部は9月30日の沖縄県知事選が終わった後、こんな話をしている。

「知事選では小泉氏が現地に入って演説をしたが、以前ほど人が集まらなかった。彼の人気も曲がり角に来ているのかなあ」

(プレジデントオンライン編集部 写真=時事通信フォト)

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  6. 6

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  7. 7

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    横浜IR誘致で大阪の事業者撤退も

    木曽崇

  10. 10

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。