記事

なぜ"防護服姿の子供像"は撤去されたのか

1/2
福島駅近くに設置された防護服姿の子供像「サン・チャイルド」が、市民からの反対で撤去された。一方で、この作品は各地を巡回しており、大阪では恒久展示されている。宗教社会学者の岡本亮輔氏は、東京での銅像の設置・撤去の歴史を振り返りながら「公共空間に置かれた像から読み込まれる意味は、時代や鑑賞者によって異なっていく。撤去は早すぎたのではないか」と指摘する――。

ヤノベケンジ作「サン・チャイルド」(筆者撮影)

■施設利用者の約7割が反対

今年9月、福島駅近くに設置されていたモニュメント「サン・チャイルド」が撤去された。

サン・チャイルドは高さ6.2メートルの強化プラスチック製の人形で、アーティストのヤノベケンジ氏によって制作された。鮮やかな黄色の防護服に身を包んだ少年がヘルメットを外して空を見上げ、右手には太陽のシンボルを持っている。そして、防護服の胸の線量計は000を示している。

この作品は、福島第一原発事故の風化を防ぐために福島市が教育文化施設「こむこむ」に設置したものだが、風評被害の懸念やつらい記憶を思い出させるといった市民からの意見があり、撤去されることとなった。撤去は事前に行われたアンケート調査に基づいて決定したが、施設利用者の70%弱が設置反対であったという。市長は謝罪して給与減額を表明した。

こうした公共空間における像やモニュメントの設置を考える際、東京には参考になる例が実に多い。偉人や功労者の顕彰のために像が設置されるのは、銅や石といった耐久性のある材質でその人物を表現し、彼らの記憶を社会的に共有してつなぎとめるためだ。公共空間の像は、その地域の集合的記憶を否応なしに表現してしまう。さらに、その像は首都東京に置かれることで一層の輝きを放つ。その記憶はローカルなものではなく、国全体のものだというわけだ。

実際、明治期以降、政治家・軍人・学者をはじめとして、東京には実に多くの銅像やモニュメントが設置され、撤去されてきた。だが、他ならぬ首都に置かれるからこそ、その公共性は厳しく検証され、結果として一部は行方不明になり、一部は復活したのである。

■上野の西郷像はすったもんだの末に設置

多くの異論がありつつも最終的に定着したのが、今や東京の代名詞ともいえる上野公園の西郷隆盛像だ。西郷は明治政府にとって厄介な存在だ。明治維新の立役者であり、江戸城無血開城を導き、江戸を兵火から救った人物である。岩倉使節団として政府首脳のほとんどが洋行した際には、留守政府の中枢を担った。このままであれば、間違いなく明治の元勲となっただろう。

しかし、朝鮮半島をめぐる意見対立で下野する。そして1877年、不平士族たちに担がれる形で政府に反旗をひるがえした。西南戦争だ。維新の英雄が賊軍の頭領になってしまったのである。

西郷の銅像建設運動は、1889年、大日本帝国憲法発布に伴う大赦によって始まる。これで逆賊ではなくなり、薩摩出身者が中心になって西郷顕彰に動いた。同年10月には銅像のデザインが新聞の懸賞広告で呼びかけられた。この時点でつけられた条件を見ると、銅像は馬上で高さ3~6メートル、容姿は厳かにして「君が維新の元勲として朝廷に大功偉績」をなしたことを示すもので、「陸軍大将の軍服」を着用とされている。未定ではあるが、「東京市内の公園」に設置するとされている。

しかし、一度は逆賊の汚名を着せられた西郷像については、デザインも設置場所もなかなか落着しなかった。皇居内に設置する案もあったが、薩摩出身者ならばともかく、幕臣であった勝海舟などは一貫して銅像建設そのものを疑問視していた。

上野公園の西郷隆盛像(筆者撮影)

さらに、同時期に制作された楠木正成像が皇居外であるにもかかわらず、西郷像が皇居内に置かれるのはおかしいという異論もあった。結局、場所は上野公園に決定し、平服に犬を連れて兎狩りをする姿とされた。

銅像制作を担当したのは高村光雲だ。息子の光太郎がその制作風景を書き残している。

西郷さんの像の方は学校の庭の運動場の所に小屋を拵え、木型を多勢で作った。私は小学校の往還りに彼処を通るので、始終立寄って見ていた。あの像は、南洲を知っているという顕官が沢山いるので、いろんな人が見に来て皆自分が接した南洲の風貌を主張したらしい。伊藤(博文)さんなどは陸軍大将の服装がいいと言ったが、海軍大臣をしていた樺山さんは、鹿児島に帰って狩をしているところがいい、南洲の真骨頂はそういう所にあるという意見を頑張って曲げないので結局そこに落ちついた。(高村光太郎「回想録」)

政府要人を集めた除幕式が1898年12月に行われ、その後、西郷像は上野だけでなく、東京の代名詞になる。上野がキーステーションであったことが大きい。上野駅から列車に乗る時、行列が伸びて西郷像の周囲にまで上がってくることもあった。特に東北地方からの上京者が最初に目にする東京のシンボルとなったのである。

■上野公園設立の立役者だったオランダ人医師像

上野公園には、他にも明治政府に尽くした要人の銅像がある。アントニウス・F・ボードワン博士像だ。ボードワンはオランダ人の医師で、幕末、医学を伝えるために招かれた。医学者としてももちろんだが、ボードワンの功績は上野公園そのものの建設を主張したことだ。

維新前、上野公園は徳川将軍家の聖地・寛永寺であった。そのため、上野戦争では徹底的に破壊され、同寺に立てこもった彰義隊は虐殺され、その遺体は見せしめとして野ざらしにされた。そして明治政府は、寛永寺の跡地に、御徒町にあった大学東校(後の東大医学部)の付属病院を建設しようとしたのだ。

しかし、ボードワンは、医学者であるにもかかわらず、病院建設に反対した。近代国家の首都として緑地を保全する大切さを主張し、そのおかげで上野の山は日本初の公園となったのである。ボードワンがいなければ、上野に博物館も動物園も上野駅もなく、東京の文化的布置や交通もだいぶ異なっていただろう。パンダも西郷さんも別の場所にいたかもしれないのである。

ボードワン博士像は、1973年、上野公園開園100年を記念して設置された。上の観光連盟が主体となり、オランダ大使館の協力もとりつけ、オランダ人彫刻家によって制作された。だが残念ながら、このボードワン像は2000年代に入ってから後に撤去された。なぜなら、銅像制作のために彫刻家に渡された写真が、ボードワン博士ではなく、その弟の写真だったのだ。ありえない間違いのように思えるが、弟も駐日オランダ領事を務めたことで日本との関わりが深く、仕方のない部分もあったのだろう。

2006年、兄の写真に基づいて、ボードワン博士像は作り直された。新旧の像を見比べると、兄弟だけに風貌は似ているが、ヒゲの感じがあまりに異なっている。西郷隆盛像も、西郷が写真嫌いだったため資料が乏しく、本人に似ていないという意見があることで知られている。上野公園には、たった数百メートルの距離に、2つも本人とは似ていない明治の功労者の銅像が長いこと設置されていたわけである。

あわせて読みたい

「福島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。