記事

CA藤田氏が炎上してもSNSをやめないワケ

多くのファンを集める「ユーチューバー」の共通点はなにか。それは毎日のように動画を上げつづけることだ。著名経営者にも同じことがいえる。SNSで日常的に情報発信を行うサイバーエージェントの藤田晋社長は「若い経営者や、これから名を上げたい人は、どんどん発信をしないといけない」と話す。藤田社長が「炎上」のリスクを顧みず、発信を続ける狙いとは――。

サイバーエージェントの藤田晋社長(撮影=砂流恵介)

■発信をしないと影響力を持てない

自ら動画を作成して配信を続ける「YouTuber(ユーチューバー)」。彼らは積極的に情報発信を続けることで、多くのファンを集めてきた。同じようにSNSやメディアで自らの意見を積極的に発信することで、多くのファンやフォロワーをもつ経営者やビジネスマンが増えている。その1人、サイバーエージェントの藤田晋社長はこう話す。

「発信をしないと影響力を持てない。それはもう間違いないので、基本的には若い経営者や、これから名を上げたい人は、どんどん発信をしないといけないと思います」

藤田社長は自社のブログサービス「Ameba」だけでなく、各種のSNS、新聞や雑誌などのマスメディアなど、さまざまな場所で積極的な情報発信を続けている。そのメッセージは鋭く、時に反発を招くこともある。

■「退職者批判コラム」を書いたワケ

藤田社長は2014年、日本経済新聞電子版の連載コラムで「私が退職希望者に『激怒』した理由」という記事を寄せた。競合他社に移った社員に激怒したという内容で、藤田社長は「会社としての価値観や姿勢を見せるための『一罰百戒』は、経営していく上で必要なことだ」と書いた。

これに対し、「辞めるのはその人の自由ではないか」などと、大きな批判が巻き起こった。その中には「ネットでの『炎上』を意図したのではないか」というものもあった。当時の騒動について、藤田社長は「社内の意思を統一するという意味では狙い通りだった」と振り返る。

「活躍している社員がサッと辞めて会社が何も言わないと、『(簡単に辞めても)OKなんだ』ということになる。会社としてそれを『駄目だ』という権利がないのは理解した上で、『身勝手に急に転職することを快く思っていない』とは言わないといけない。社内で(『激怒している』と)うわさを広めるような手段でもいいのですが、外部に一度発信すれば済むことです。あのエントリーに関しては批判している人も数多くいましたが、『広める』という意味では狙い通りです」

■「前澤さんはハラハラするけど面白い」

こうした情報発信について、ほかに長けた経営者はいないのだろうか。藤田社長に聞くと、「ZOZOの前澤友作社長」という名前が挙がった。

「前澤さんは見ていてハラハラするところがありますが、面白いですよね。意図的にハラハラするようなことを言っているのかは分からない。ですが、結果として買い物をするときにはZOZOTOWNが頭に浮かぶし、ZOZOSUITはみんなが知るところになった。とはいえ、(発信には)うまい下手があるので、万人に求めるのは難しい」

また社員の発信力については、必ずしも全員に求めるものではないという。

「長年やってきて思うのは、みんなの発信力ってたいしたことがないということです。もちろん情報発信をしてくれたほうがいいのですが、(1人1人の)影響力はそこまでありません。ですがネット上で有名なインフルエンス力を持った社員を1人でも育てると、情報が広がり、影響力も出せます。例えば(サイバーエージェント傘下の)『新R25』編集長の渡辺将基。彼はうまい。そういう才能を見つけて、育てたいです」

■社員に「起業しろ」とあおる投資家は迷惑

藤田社長がいま発信したいのは、ベンチャーキャピタルが自社の社員に起業を促すことについてだ。

「よく社員に『起業しろ』とあおってくるベンチャーキャピタルがいるのですが、これは迷惑です。われわれからしてみると、育てた社員が辞める上、競合が生まれるかもしれないので、マイナスでしかありません。起業すること自体は良いことだと思いますが、VCは商売です。社員を辞めさせて、起業させて……そういう人間が増えたら彼らに(資金を)突っ込んで稼ぐわけです」

「最近はうちの会社を辞めた人間がやっているファンドも増えてきました。『自分も元々社員だった』というつながりで声を掛けてくるので、私が『迷惑だ』と公言しないと社員も判断しかねます。こういうことは社員を集めて話しても姑息な感じがするので、外部に発信したほうが早いと思いました」(藤田社長)

■「YouTuberが憧れの職業」は本当だった

藤田社長は今年8月、「YouTuberになろう!」という中高生向けワークショップの講師を務めた。主催者は福島県双葉郡の復興を支援する「ふたばの教育復興応援団」。同団体のメンバーで作詞家の秋元康氏の呼びかけで始まった。

当日は、藤田社長のほか、HKT48の指原莉乃さん、フリーアナウンサーの古舘伊知郎さん、俳優・イラストレーターのリリー・フランキーさんの3人が講師を務めた。このため藤田社長は「(講師4人の中で)『顔ぶれ負け』していると思った」と話していたが、テーマが「ユーチューバー」ということもあってか、定員を超える応募があった。

会場で藤田社長が「サイバーエージェントを知っているか」と聞いた際、手を挙げた参加者はたった1人だった。「ユーチューバーが憧れの職業になっているという話は本当だったと実感しました」(藤田社長)。

当日の動画制作は、ユーチューバーをメインに若年層マーケティング支援事業などを行う子会社「CA Young Lab」の須田瞬海社長らが指導した。

■クラスの話題は、「昨日の動画見た?」

CA Young Labの須田瞬海社長(撮影=砂流恵介)

CA Young Labの調査によると、2017年の国内YouTuber市場規模は219億円、2022年には2017年比の約2.6倍、579億円規模に達する見込みだ。また、登録者数1万人以上のチャンネル数は毎年150%以上で増加しており、ユーチューバーの数は今なお増えている。

人気ユーチューバーの共通点について、須田社長は「ファンとの距離感が身近なこと」と話す。

SNSで有名になるには、ファンの支持が欠かせない。そのためメッセージや動画を通じてファンと交流する人が多い。テレビに出演するタレントのように憧れる要素も持ちながら、身近な存在にも感じられる“距離感”こそが人気の理由だ。

「われわれが想像している以上にユーチューバーの浸透度は高い。かつて、学校の話題の中心になるような人気のテレビ番組があったと思う。翌朝学校に行くと、クラス中が『昨日あの番組を観た?』と話題にしている、それと同じです」(須田社長)

■生配信を行う「ライバー」は広告媒体にはならない

ネットで人気を集めているのはユーチューバーだけではない。いま勢いがあるのは「ライバー」だ。ライバーとは、スマートフォンのライブ配信アプリの配信主を指す言葉で、主に「17 Live」や「SHOWROOM」といったプラットフォームで活動している。ライバーを職業にする人も出てきている。

だが藤田社長はユーチューバーの事業には興味を示すが、ライバーの事業には冷ややかだ。その理由について「ライバーは少人数の濃い世界なので、広告媒体にはならない」と説明する。

「ユーチューバーは『メディア』ですが、ライバーは『コミュニティ』に近い。別の接触媒体であり、ビジネスモデルも違います。ライバーは、閉ざされた空間の中でコミュニケーションをするという世界観を楽しむ、いわばキャバクラやホストクラブに近い。ハマる人はテレビを見るより楽しいと思います。ライブ配信やライバーが将来有望なのは間違いありません。ですが、少人数の濃い世界なので、広告媒体にはならないでしょう」

経営者は「企業の広告塔」といわれる。その意味で、経営者はユーチューバーにはなっても、ライバーになってはいけない、ということかもしれない。

----------

藤田 晋(ふじた・すすむ)
サイバーエージェント代表取締役社長
1998年、24歳でサイバーエージェントを設立し、2000年に当時史上最年少社長として26歳で東証マザーズ上場、2014年9月に東証一部へ市場変更した。創業から一貫して、インターネット産業において高い成長を遂げる会社づくりを目指し、「21世紀を代表する会社を創る」を会社のビジョンに掲げる。 須田 瞬海(すだ・しゅんかい)
CA Young Lab代表取締役社長
内定者の時に株式会社アメスタの子会社立ち上げに参画。2014年に株式会社サイバーエージェントへ入社し、Ameba事業本部広告部門のメディアディベロップメント事業に携わる。2015年にマネージャー就任、同年に次世代リーダー育成制度「CA36」の二期生に選出される。2016年に式会社CA Young Labを設立し、代表取締役社長に就任。 砂流 恵介(すながれ・けいすけ)
ライター
1983年、広島県生まれ。秋葉原でPCショップ販売員の経験を得て、日本エイサーへ入社。宣伝・広報を担当する。2013年12月退社。手段を選ばないゲリラ的なPRを得意とする。現在は、BtoC企業を中心にPR業務やコンサルタント、WEBメディアでライター、ゲーム実況配信など、多方面で活躍している。

----------

(サイバーエージェント代表取締役社長 藤田 晋、CA Young Lab代表取締役社長 須田 瞬海 文・撮影=砂流恵介)

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カルビ並と上 違いは見た目だけ?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    和田政宗氏 文春記事に抗戦宣言

    和田政宗

  3. 3

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  4. 4

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  6. 6

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    韓国が日韓企業の徴用工賠償提案

    ロイター

  8. 8

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    混乱生む安易な被災地支援に警鐘

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。