記事

低迷の株式市場、しかし大麻株は絶好調

あと数分で月曜の米国株式市場が終了します。

見てのとおり、主要株式指数は揃って下げていますが、大麻のETFは8%を超える大幅上昇です。


上は大麻のETF、ETFMG Alternative Harvest (MJ)の日足チャートです。今日のローソク足は長い陽線(A)、そして出来高(B)は170万株に達し通常の74万株を大幅に上回っています。

下はS&P500指数の日足チャートです。


先週水曜に形成された大陰線で分かるように、米国株式市場のバロメーターであるS&P500指数は極めて不安定な状態です。「米国株式市場はベア・マーケットに入ったのでは?」と心配している投資家が多いだけに、今日の大麻のETFの動きはとても目立ちます。

コーウェン社のアナリスト、ビビアン・エイザー氏は、大麻株に極めて強気です。

大麻は単なる娯楽用品ではない。痛み止め、美容、そして不眠解消などの幅広い用途がある。大麻産業の可能性は巨大だ。

エイザー氏のように、大麻産業に大きな将来性を感じて大麻株に投資している人も多いことでしょうが、こんな意見も出ています。

ゴールドマン・サックスのストラテジスト、デービッド・コスティン氏が「マーケットの下げはほぼ終わっている。ここから更に下げたとしても、下げ幅は限られている。今回のような下落はマーケットにとって正常なことであり、長期的な悪影響を市場に与えることは無い。投資家たちは、バランスシートがしっかりした成長株に資金を移すべきだ。」

しかし、投資家たちはコスティン氏の言葉に大した興味を示さなかった。現に、米国市場をリードしてきたアマゾンとアップルは今日も売られている。いったい何を買ったら良いのだろうか、と皆が迷っている中、光を放ったのが大麻株だった。

ファンダメンタルは全く気にしないで、テクニカル要素だけを考慮して株の売買をしている人達は、大麻のETFについてこんな強気論を述べています。下は、大麻のETFの週足チャートです。


Aで分かるように、ETF価格は9月の高値をまだ突破していない。しかし、MACD(B)を見てほしい。力強い上昇が続き52週高値を記録している。MACDはETF価格の勢いを示すものだから、ETF価格が新高値を記録するのは時間の問題だ。

(情報源:Cannabis industry analyst boosts price targets for major pot stocks

Goldman says the sell-off is just about over and tells investors to get back into growth stocks

あわせて読みたい

「大麻」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。