記事

相手に迷惑をかけないための「NO」とは

何が勝ち組と負け組を分けるのか。雑誌「プレジデント」(2017年3月6日号)の特集「『働き方』全課題60」では、「超一流の仕事術 全解明」として、より成果を上げるためのノウハウを各方面のエキスパートに取材。今回は、グローバリンク代表の大串亜由美氏が「断る・逃げるテクニック」について解説する――。

仕事を急に頼まれたけれど、引き受けるのは難しい――。そんなとき、断るにしても、引き受けるにしても、即答してはうまくいきません。

まずは相手の要求や依頼の内容、事情、優先順位をしっかり確認します。そのうえで断るしかない場合、次の5つのうちのどれかで「NO」を伝えます。

(1)条件を提示する。「今日中は無理でも来週中なら」など。
(2)代替案を提示する。「AではなくBならできます」。
(3)次の機会を明示する。「年度末は難しいですが、5月以降であれば調整できます」。
(4)他のリソースを紹介する。「こんな人を知っています」と責任をもってつなぐ。
(5)軽々しく「YES」を言うことで、相手に与えるデメリットを伝える。「○○をお引き受けすると、すでにご依頼いただいた××に影響が出て、ご迷惑をおかけするかもしれません」。

もし検討に時間がかかる場合には、いつまでに、どのような形で返事ができるのかも伝えましょう。待たせた挙げ句に「やっぱり無理です」と伝えるのは最悪。「言い訳」も不要です。相手に迷惑をかけないための「NO」だと堂々と伝えることです。そのかわり相手が納得できる理由を示しましょう。

心がけたいのは「次につながるNO」。どうすれば「Win―Win」となって、相手にメリットのある形になるのか。よく考えてみましょう。


▼あなたに迷惑をかけたくないとロジカルに伝える

----------
大串亜由美
グローバリンク代表
日本HP人事部に14年在籍。コンサルティング会社を経て、1998年に独立。16年連続年間250日以上の研修実績。『研修女王の最強3分スピーチ』など著書多数。

----------

(グローバリンク代表 大串 亜由美 構成=山川 徹)

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。