記事

眞子さまと小室さん、別れのタイムリミットは6か月か

【小室さんは留学後、秋篠宮さまに連絡をとっていないという】

【またまた“圭”さんとすれ違いの眞子さま(写真/共同通信社)】

 眞子さま(26才)の熱視線が注がれる先に、“圭”の躍動する姿はなかった。眞子さまは10月6日の昼下がり、「楽天・ジャパン・オープン・テニス」(武蔵野の森総合スポーツプラザ、東京都調布市)を観戦された。錦織圭選手(28才)の凱旋出場で注目された大会に、日本テニス協会名誉総裁を務める眞子さまが激励に訪れた形だ。

「眞子さまのお出ましとなれば、メディアに事前に取材の案内がされるのですが、なぜか今回はそれがなかった。結婚問題の渦中なので、“ひっそりと”ということだったのでしょうか」(皇室記者)

 その日の第2試合は、注目カードの錦織選手の準決勝。しかし、眞子さまは外国人選手同士の対戦の第1試合のみを観戦され、足早に会場を後にした。

 奇しくもその前日は、眞子さまの心を占める“もう1人の圭”の誕生日。テニスを観戦された眞子さまは、米ニューヨークの大学に留学中の小室圭さん(26)に、どんなメッセージを送られたのだろうか――。

◆日本の社会に受け入れられるでしょうか

 来年5月1日には、皇太子さまと雅子さまが、新天皇皇后両陛下となる。

「美智子さまは、即位の儀式を厳かな、落ち着いた雰囲気の中で執り行えるようにとお考えです。ですから、自分たちの代の心配事は、それまでにできるだけ解決しておいた方がいいとお考えです」(宮内庁関係者)

 多くの国民が関心を寄せ、その行方を見守っているのは、眞子さまと小室さんの結婚問題だろう。

「美智子さまも、初孫に関することですから相当に心配されています。ただ、眞子さまや秋篠宮ご夫妻に具体的にアドバイスされることはないようです。家族ですから、もし頼られれば、いくらでも相談に乗られるという姿勢だそうです」(別の宮内庁関係者)

 小室家の400万円の金銭トラブルや“皇室利用”ともとれる超VIP待遇での米国留学で、小室さんには“皇族のお相手としての資質”を問う声も多い。実際、秋篠宮さまは、国民から広く祝福と理解を得るに至らないとして、眞子さまと小室さんに「現状では納采の儀は行えない」と伝えたと報じられた。

「美智子さまは先々のことまでお考えを巡らせ、“小室さんが留学を終えて日本に戻られたとしても、日本の社会に受け入れられるでしょうか”と懸念されているそうです」(前出・別の宮内庁関係者)

 新天皇の負担を考えれば、この結婚問題も、次世代に先送りしたくない問題だろう。

「宮内庁の一部には、“ふたりの結婚を裁可したのは天皇陛下なので、もしも今、破談になると陛下にも責任の一端が生じてしまう”という危惧もあります。しかし、美智子さまは、次の天皇に負担をかけるようなことはしたくないとお考えのようなのです」(前出・宮内庁関係者)

 平成は、来年4月末までだ。残された時間は、あと半年ほどしかない。

「宮内庁サイドとしては、それまでに結論を出すよう動くでしょうが、その期限の中で眞子さまと小室さんのご結婚がまとまるのは不可能に近い。小室さんは秋篠宮ご夫妻に留学後ほとんど連絡もとっていない状況と聞きますから…。つまり、“別れのタイムリミット”があと6か月に迫っているということです」(皇室記者)

 美智子さまの心に安らぎをもたらしているのが、バトンを受け渡す相手である雅子さまの目覚ましいご快復ぶりだ。10月2日、愛子さまの学習院女子高等科の運動会を見学された皇太子ご夫妻に、こんな場面があった。

「午後のプログラムで、中3の生徒がその場で5回ぐるぐる回ってから走る競技があり、1人の生徒が目を回してふらつき、ご夫妻の席に倒れ込んでしまったのです」(保護者の1人)

 周囲はさっと色をなしたが、雅子さまは身を乗り出して右手を差し出されたという。

「そうして、倒れた生徒に『大丈夫? がんばって』と笑顔で声をかけられたのです。その生徒や両親にしてみれば、いくらアクシデントとはいえ、血の気が引いたでしょう。雅子さまの瞬時の機転で、その場が和みました」(前出・保護者)

 自信と親しみやすさを兼ね備えた雅子さまに、かつての憂いは感じられない。美智子さまの残された憂慮は、小室さんのことだけかもしれない。

※女性セブン2018年10月25日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  3. 3

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  4. 4

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  5. 5

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  6. 6

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  7. 7

    来年の日本株価は「峠に向かう」

    川北英隆

  8. 8

    靖国で火をつけた中国人は再犯か

    和田政宗

  9. 9

    毒蝮三太夫「素人ウケはせこい」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    家計の貯蓄現在高 平均1812万円

    MONEYzine

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。