記事

文化資本の差

1/2

【以下はFBに書いたものに加筆・修正を加えたものです。】

 少し前にこういう記事を読みました。記事にもある通り、1990年代前半くらいには既に親の年収と学歴との相関性はかなり顕著でした。私が平成3年に東京大学に入った際はまだバブルの残り香が相当に強くて、親の平均年収は1100万円くらいでした。私の親の年収はその半分をかなり下回っていました。勿論、親は管理職ではありませんでした。

 その時くらいから「負けてたまるか。」という感情が芽生えて、現在に至ります。時折、私の父は「高校時代、自分と同じくらいの成績の同級生は一浪して九州大学に行った。自分は貧乏で大学進学の選択は無かった。」という話をしていたのですが、それが幾許か影響を与えているのだと思います。

 ただ、私が大学で身に沁みたのは、実は「年収格差」ではありません。どちらかと言うと「文化資本」の差の方がとても印象的でした。多分、こちらの方が重要だと思いますし、ずっしりと背中に重く乗ります。

 上手く説明できないのですが、ともかく「文化」が違うのです。勿論、それは収入を背景にしている所が大いにありますが、それだけが理由ではありません。入学直後、同級生の自宅に行った時、会話、家財、作法、芸術との近接性・・・、九州から上京してきたばかりの私にはすべてが衝撃的だったのを思い出します。卑近な例で言うと、「オードブル(hors d'oeuvre)」と言われて、プラスチックのサークルトレーに入ったお惣菜を想像していたら全然違ったので困惑しました。「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」と聞いて、この曲以外に思い浮かぶものが一つも無かった事で恥をかいた事もあります。

 ただ、それにもめげず、「負けてたまるか。」の根性に勝手に自分で火を点けて、大学3年次に外務公務員一種試験に合格しました。私のケースは、多分「年収格差、文化資本の差で大負けしている」のをむしろ発奮材料にしていたのだと思います。なお、「エリート・コースを狙ったんでしょ?」と聞かれる事が多いのですが、実は違います。単に「大学を3年で抜ける事が出来るなら、親の金銭的負担が減るから。」と思ったのです。

 外務省に行くと、(東大在学時に比して)更に「文化資本」の差を感じました。具体例を書くとかなりの差し障りがあるので止めますけど、この重圧はかなりのものがあり、私は幾度となく背伸びをしては大コケして失敗していました。その時も「負けてたまるか。」という思いが、結構、自分を支えていました。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。