記事

アプリ婚した女性漫画家が語る「危険を回避する方法」

【アプリでの婚活は危険もはらんでいる(写真はイメージ)】

【『アプリ婚』の著者、新里碧さん】

「マッチングアプリで出会って結婚しました」「彼氏はマッチングアプリでつかまえました」──そう公言する男女が増えている。そうしたアプリのユーザーは増えているが、結婚相手・将来を見据えた交際相手を探している人にとっては、中には“出会いたくない人”がいるのも確かだ。

 わかりやいところでは、既婚者や交際相手がいるのに登録している“遊び目的”の人が挙げられる。お見合い系マッチングアプリでは、登録時の既婚・未婚チェックは年々厳しくなっているというが、デート目的のアプリではチェックが緩かったり、そもそも既婚か未婚かを問わなかったりするケースもある。将来を見据えた出会いを求めているなら、チェックが厳しいアプリを利用したほうがよさそうだ。

 既婚者以外には、マルチ商法などの勧誘・営業をするためにアプリに登録している人もいる。多くのお見合い系アプリでは、交際相手を見つけるなどといった目的以外での利用を規約で禁止しているが、それでも「出会い」を装った“営業活動”はあとを絶たない。

 マッチングアプリで実際に結婚し、その経緯を『アプリ婚』というコミックエッセイにまとめた漫画家の新里碧さんはこう語る。

「アプリで出会うマルチ商法の人は、やたらと“ホームパーティーをするので来ないか”と誘ってくるケースが多いですね。その人自身に興味があって連絡をしているのに、1対1ではなく、他の人や仲間を紹介したいと言ってくる人は注意すべきです」

 そういった人を見抜くにはどうすればいいのか?

「プロフィールは自己申告がほとんどなので、内容を詐称しようと思えばいくらでもできてしまうのが現状です。メッセージや会った時の会話で判断するしかないのですが、“デートの時間帯が変”とか“家の話をするとはぐらかす”など、何気ない会話の中でどこか違和感があったら、遠慮せずにはっきり聞いてしまうのが良いと思います」(新里さん、以下同)

 例えば何度かデートしているのに「どこに住んでいるんですか?」という質問にあいまいにはぐらかしたり、将来や子供の話をにごしたりする男性は既婚者の可能性が高いという。

 中には体だけを目的にした男性も存在する。そういった男性は、婚活目的の人よりも多くの女性と連絡をとりたがるので、マッチングアプリの課金を避けるために、メッセージのやりとりをすぐにLINEに移行したがる人が多いという。さらに「プロフィールがシンプル」「メッセージがなれなれしい」「会う前の段階で下ネタをふってくる」などの兆候があるとのこと。新里さんは、「初回のデートで体の関係に持ち込もうとするケースは、絶対に応じてはいけない」と語る。

「将来の伴侶を求めているのに、会ったその日にそういった関係になってしまうのは、得策ではありません。女性の場合、“妻候補”から“遊び相手候補”に変わってしまうことは避けなければいけません」

 できるだけそういった異性は避けたいものだが、万が一ひっかかってしまった時にはどう対応すべきなのか。

「マッチングアプリによっては、『実は既婚だった』『営業目的だった』などと運営に通報することもできるので、通報もしくは相談するのもよいでしょう。

 通報するほどでもないけれど、一方的に不快なメッセージをどんどん送ってくる場合はブロックして、すぐに関わりを絶つことです。誠意のある相手の場合で、性格が合わないなどの理由でやむなくお断りをする場合は相手に丁寧に伝える必要がありますが、悪質な相手に対しては、悩んだり言い返したりすることなどに貴重な時間を割く必要はありません。また、交際が開始するまで、もしくは相手を本当に信頼できるまでは、極力個人情報は教えないようにしてください。

 Facebookの情報を一部吸い取るかたちで登録するマッチングアプリの場合は、Facebookで使用しているプロフィール写真がそのままメインの写真として登録されるものもあります。同じ写真をそのまま使用していると画像検索でFacebookのアカウントが見つけられてしまうことがありますので、なるべく普段使用しているSNSでは使用していない写真を選んでマッチングアプリのプロフィールに使用することをオススメします」

 自衛策も必要ということのようだ。

【プロフィール】にっさと・みどり/取材漫画家、イラストレーター、アーティスト。東京藝術大学を卒業後、外資系広告代理店のアートディレクターを経てフリーランスに。2011年に愛知県の離島振興事業「あいちの離島80日間チャレンジ」にて、佐久島へ4か月間住み、毎日漫画を執筆。翌年監修・デザイン制作をした「あさりん」は、2012年ゆるキャラグランプリみうらじゅん賞受賞。お見合いアプリでの結婚を描いたコミックエッセイ『アプリ婚 お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました』(小学館)が発売中。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  3. 3

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  4. 4

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  5. 5

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  6. 6

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  7. 7

    来年の日本株価は「峠に向かう」

    川北英隆

  8. 8

    靖国で火をつけた中国人は再犯か

    和田政宗

  9. 9

    毒蝮三太夫「素人ウケはせこい」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    家計の貯蓄現在高 平均1812万円

    MONEYzine

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。