記事

漫画、雑誌、IT

漫画は衰退に向かっている。
全ての漫画誌が急激に部数を減らしている。
今どきの若者で、漫画家を目指す者は、よほどのオタクしかおるまい。

若者はほとんどIT系の企業を選ぶか、自分でIT系の起業をするのだろう。

出版社に就職したいという若者も激減した。
そもそも雑誌の売り上げが恐ろしい勢いで減っている。
雑誌がなくなれば、漫画を描く場所もない。

雑誌がとことん売れない、雑誌の読者が60代、70代くらいに老齢化している現状から、「新潮45」のような不始末が起こったのだ。

つまり年寄りしか雑誌を買わず、その年寄りがネトウヨ化しているという堕落の中で、「Hanada」や「WiLL」のようなネトウヨ雑誌しか売れないという腐敗が起こっている。
そこまでネトウヨ化を徹底できないというジレンマの中から、「新潮45」は崩壊の道を突き進んでしまった。

元凶はスマホ・ネットであり、ネトウヨ化した老人だ。
若い頃は学生運動をやっていた左翼だったくせに、今は大転向して、ネトウヨになっている。
しかも、自主独立の保守でもなく、対米追従のネトウヨなのだから阿呆もいいところだ。
反米だった者が、今や従米、安倍政権の提灯持ち。
死ねば地獄に落ちること、間違いなしだ。

そんな中で、「SPA!」はよく頑張っている。
ネトウヨ化せずに雑誌を売っていくのは、奇跡のような仕事ぶりだ。
もうそろそろ潮目が変わるときだろう。
ここを踏ん張って、ネトウヨ化せずに売れる路線を切り拓けば、明日が見えてくる。

雑誌も漫画も衰退しているが、ITブームだっていつまでもつか?
今に見てろよ、職人魂を見せてやる!

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  6. 6

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  9. 9

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。