記事

Koki,は活躍を続けられるか? “親の七光り”脱却のカギは

【CM発表会には多くのマスコミが詰めかけた】

 木村拓哉(45才)と工藤静香(48才)の次女・Koki,(15才)が、今月2日、大塚製薬の新飲料CM発表会に登場すると、異例ともいえるマスコミ約100社約140人が殺到。改めて注目度の高さがうかがえた。デビューから4か月で一躍スターダムにのし上がったKoki,は、このまま活躍を続けることができるのか?

 今回の会見でのKoki,の印象について、コラムニストの仁科友里さんはこう語る。

「Koki,さんは、“初々しい新人タレント”という感じでした。慣れていないのか、マイクを持つ手も話しているうちに下がっていました。でも、圧倒的な華があって、15才の新人と思えないほど堂々としていました。普通の新人だったら、あれだけの数のマスコミを前にしたら、表情がかたくなって何もしゃべれなくなってしまうもの。また、母親のファッションを思わせる黒の上下とチョーカーを合わせるスタイルが印象的でした」

 今年5月発売のファッション誌『ELLE JAPON』7月号でモデルデビューしたKoki,。8月に日本初かつ歴代最年少で『ブルガリ』のアンバサダーに、9月にはシャネルのビューティーアンバサダーに就任した。

「今のようにモデルをやりながら、CM出演という活動を続けるなら、テレビには進出せず、露出はSNSメインでいった方がいいと思います。SNSによって、ファンを獲得することができますし、今やSNSのフォロワー数は企業側がCMに起用する判断基準のひとつになっていますから」(仁科さん・以下「」内同)

 Koki,のインスタグラムのフォロワー数は130万人以上で、圧倒的な影響力を持つ。動画を増やすなどして、このままSNSで積極的に情報発信するスタイルはアリだという。

 モデル業は、両親とも進んでいない分野。親とは違う方向に進んだことは、Koki,の活動にとってプラスだと仁科さんは指摘する。神田正輝と松田聖子の長女・神田沙也加の例を挙げると、沙也加はデビュー当初アイドル路線で活動したが、伸び悩んだ。そこで自ら志願し、声優学校で勉強し直している。

「沙也加さんはアイドル畑では、どうしても母親に敵わないと思うんです。実力の問題ではなく、松田聖子さんはアイドル界のレジェンドですから。でも母親がほとんどやってない分野、声優やミュージカルに進出して、映画『アナと雪の女王』で大ブレイクしました。そのように、2世は親の影を感じさせない分野で才能を伸ばすのが得策なんです。

 2世で親と同じ業界に進んで成功したケースでは、宇多田ヒカルさんがいます。母親の藤圭子さんと同じ歌手ですが、宇多田さんはシンガーソングライターで、藤さんは演歌歌手。ジャンルが違うことで、親の影響が薄くなります」

 ただ、モデル一筋の道よりも「結果が見える分野に進出する方が、芸能人として活躍の場はさらに広がる」と仁科さんは言う。

「セールスが見える音楽の世界や、アカデミー賞のように賞レースがある演技の世界は、実力がわかりやすい。Koki,さんのように両親ともビッグスターの子供は、親の七光りだと言われてしまいがちです。それを払拭するためには実力を示して結果を出すことが大切です。

 逆に結果がわかりにくいもの、たとえばテレビのバラエティーに出てしまうと、どうしても自分のエピソードを話すことになるので、マイナス面が際立つかもしれません。最近の傾向として、視聴者は“リア充”だったり“恵まれた環境”を持つ人を嫌います。Koki,さんは生まれた環境が、どうしてもハンディになってしまうでしょう」

 両親がトップアイドルだったことは、既に芸能界に人脈があり、金銭的に恵まれているというメリットがある一方で、親の影がマイナスになってしまうというのは前述の通り。親の存在が大きすぎて、芸能界に入ったものの、いつの間にか消えていく2世も少なくない。

「2世が活躍し続けるには、特化したものを持つことも大事です。例えば、松たか子さん(父・二代目松本白鸚)の初主演は、宮尾登美子さん原作のドラマ『藏』(NHK)でした。その後も、宮尾作品には必ずと言っていいほど出演しています。こういった具合に、“○○作品にはこの人”というような看板を持つことが、原作のファンを巻き込んで本当のファンを増やすことにつながりますし、息の長い芸能人になれると思います」

 Koki,の今後の課題は、モデル一筋でやるにしても、それ以外の分野に進むにしても、どうしてもつきまとう“親の七光り”のイメージを払拭することだと、仁科さんは改めて強調する。

「先ほどもお話した、実績を上げること。Koki,さんは語学が堪能だそうですから、海外留学して実力でパリコレにモデルとして参加することを目指したり、演技の方向に行くなら単身留学をしてオーディションを受けてハリウッド映画に出演することを目標とするのはどうでしょうか。そこでの生活をSNSで配信すれば、努力する様子が伝わって、女性層へのイメージアップにつながると思います。結果を出せば “親のコネ”とはいわれなくなりますし、日本に凱旋したらますます希少価値の高い芸能人として、活躍の場が広がるでしょう」

 いくら実力や個性を身に着けても、親がビッグスターである事実は変わらない。親についてコメントを求められる日は続くだろう。今回の会見では、両親について聞かれ戸惑いの表情を見せたが、どう受け応えるかは今後も注視されるはずだ。

「親を全く語らないのは、芸能人としてサービス精神に欠けると思います。ただし、Koki,さん自身が結果を出して認められれば、だんだん聞かれなくなるはずです。IMALUさん(父・明石家さんま、母・大竹しのぶ)がテレビで話していましたが、結果を出せないと“私だけが知る親の素顔”のようなエピソードトークを振られると。それは自身に実績がないからです。実力や魅力があれば、その人自身について知りたいと、みんな思うはずですから」

 Koki,は、浮き沈みの激しい芸能界で第一線で活躍を続ける両親を超えられるのか。

「可能性はあります。これだけの“大型新人”をどう売っていくかという事務所サイドの戦略とともに、本人が進みたい道に向かってどうやって実力をつけていくのか、ということが普通のタレントよりも大事になってきます」

 Koki,の今後にますます注目だ。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。