記事

起こるべくして起きた世界同時株安

世界同時株安。

起こるべくして起こったと私は思います。

長年にわたる先進国の超金融緩和。その結果、世界全体での「カネ余り」状況が続いてきました。

一方で、好調な米国経済。そうなると米国は金利を引き上げざるを得ません。その結果、ドル債務に依存しているトルコ、アルゼンチン等の多くの新興国から資金が逃げ出すのは当然です。

予想されたシナリオ通りのこの動きに、株式市場がネガティブに反応しないはずはありません。

新興国の資金逃避の問題だからと言って、あなどれません。何せ90年代末のアジア通貨危機の際には、アジアを中心とする新興国からの資金逃避が、世界経済全体をおびやかしたのですから。

金融緩和は最終的な解決策ではありません。それにあまりに頼りすぎると、大きな反発が危惧されます。日本も同じリスクを背負っています。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。