記事

【読書感想】勉強法 教養講座「情報分析とは何か」

1/2

勉強法 教養講座「情報分析とは何か」 (角川新書)
作者: 佐藤優
出版社/メーカー: KADOKAWA
発売日: 2018/04/07
メディア: 新書
この商品を含むブログ (2件) を見る

Kindle版もあります。

勉強法 教養講座「情報分析とは何か」 (角川新書)
作者: 佐藤優
出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
発売日: 2018/04/07
メディア: Kindle版
この商品を含むブログ (1件) を見る

内容(「BOOK」データベースより)
いま、国際社会は危機的な状況にある。構造転換に入った世界の中で、多くの人は何が事実に基づき、何が印象操作に過ぎないのか判断がつかず、混乱している。“情報”の洪水に溺れずに生きるためには、インテリジェンスが必要であり、それを支える知性を備えなければならない。一生ものの知性を身に付ける勉強法!!

※本書は『危機を覆す情報分析』(角川書店、2016年)を新書版として改題し、加筆修正したものなので、ご注意ください。こういう「既刊の新書化」って、本を開いて内容を確認しないとわからないことが多いので、不親切だよなあ、と思います。

本書では、インテリジェンスの理論、国際情勢に関する具体的分析、読書術、日本の大学生やビジネスパーソンに起きがちな知的欠損、受験勉強の仕方など、多岐にわたるテーマを扱っている。これらのテーマに通底しているのは、インテリジェンスの技法や情報分析の根本にある勉強法だ。そのため、新書版ではタイトルもそのように改めた方がいいと考えた。

ということなのですが、現実的に、佐藤さんと同じ量の勉強をすることは、なかなかというか、かなり難しいのではないかとは思うんですよ。

ただ、高校生レベルからの数学の重要性とか、宗教的背景を知らなければ、世界情勢を分析することはできないとか、なるほどなあ、と思う話もたくさんあります。

こういう本を読むことによって、佐藤さんの知の一部に触れることができる、自分もちょっと勉強した気分になれる、というのも大きいんですよね。

「本当は、あなたが自分自身で勉強しなきゃダメだよ」って書いてあるのですけど。

最近よく耳にするようになった「インテリジェンス」という言葉について、佐藤さんは、こう説明しています(少し前までは、「インテリジェンス」=「知性」だと僕は認識していました。知性とは何か、というのは、それはそれで難しそうではあります)。

さて、インテリジェンスという概念は、比較的最近になって出てきたものです。インフォメーションとインテリジェンスとはどう違うのか。インフォメーションというのは、周り中にある情報すべてのことを言います。新聞はインフォメーションです。それに対して、秘密情報を取ってきたら、それはインテリジェンスです。新聞の情報に評価を加えることをインテリジェンスとする言い方もありますが、それはちょっとズレた見方です。

そもそも情報という言葉は明治以降になってできた言葉です。情報とは、inteligenceの訳語。軍事用語で、敵情報告という意味。敵の様子を見て報告するというのが本来の訳ですが、今は敵情報告というより、インフォメーションの意味で使われるのが一般的です。インフォメーションにも指向性が含まれています。新聞も世の中に起きたことをランダムに拾うだけでは、新聞にはなりません。編集権によって取捨選択をしています。

インテリジェンスとインフォメーションの違とは情報の濃度、密度にあると言っていいと思います。それから幅、指向性です。この違いに特徴があることに留意しましょう。つまりインフォメーションにも必ずインテリジェンスの要素があり、インテリジェンスはインフォメーションをベースにしなければ成立しないという相関関係が基本になるのです。になるのです。

マスメディアは中立の立場で報道しなければならない、という意見を持っている人は多いのですが、どのニュースを載せ、大きくとりあげるか、という編集が行われている時点で、そこには伝える側の「意思」や「意図」があるわけです。僕たちの日常会話で、知っていることを全部話すわけではなく、「この人は、この話に興味を持つだろう」とか、「この話はしないほうがいいな」と考えながら口を動かしているように。

もちろん、あまり深読みをしすぎると、それはそれで誤解を生むこともあるのですけど。

情報や物事の背景というのは、知れば知るほど、何が正しいのかわからなくなってくるような気もするのです。

あわせて読みたい

「情報化社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  3. 3

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  4. 4

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  7. 7

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  8. 8

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  9. 9

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  10. 10

    ソフバン株 初値は公開価格割れ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。