記事

米国株式市場は売られ過ぎ、しかし現時点ではまだ買えない!?

相対力指数(RSI):アメリカのテクニカル・アナリストのJ.W.ワイルダーによって開発されたテクニカル指標であり、オシレーター分析の一種。上昇局面に入ると数値が50%以上で推移し、下降局面に入ると数値が50%以下で推移する。短期的な相場分析では14日間のデータを使用し、RSIが70%以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%以下であれば相場は売られ過ぎと判断される。(野村證券 証券用語解説集から抜粋)
下は、ダウ平均の日足チャートに相対力指数を入れたものです。


昨日、ダウ平均の大幅下落で相対力指数は50を割り(1)、そして今日も2%を超える大きな下げとなり、相対力指数は30を下回って終了となりました(2)。言い換えると、昨日下降局面入りとなったダウは、今日さっそく売られ過ぎとなりました。30割れが起きたのは2月(3)に一度あっただけですから、こんな事はそう滅多に起きるものではありません。

とうぜん疑問になるのはこれです。
マーケットが売られ過ぎであるのなら、ここは良い買いチャンスだろうか?
相対力指数だけで判断するのなら、答えは「イエス」です。もちろん、他の指標からも、「ここが買いチャンスである」という答えを得ることができます。3つ見てみましょう。先ず、40日移動平均線より上で推移している銘柄数が全体を占める割合です。


一般的に、20%未満が売られ過ぎと解釈されています。現在の数値は、たったの11.19%という2月の数値を下回る低レベルです。

マクレラン・オシレーターからも同様なことを読み取ることができます。


現在の数値はマイナス191.11という低水準にあり、2月に記録したマイナス233に迫っています。見てのとおり、マイナス100を下回ることは滅多に起きませんから、現在のマーケットは売られ過ぎです。

投資心理の悪化にも注目です。

上は、CNNに掲載されている恐怖&欲指数です。現在の数値は、極めて大きな恐怖を示す5です。1週間前は43(恐怖)、そして1ヶ月前は59(欲)でしたから、投資心理は大きく冷え込んでいます。投資心理は逆指標として有名ですから、マーケットには、そろそろ反発ラリーが起きる可能性があります。

次に、「ここは買いのチャンスではない」という意見を3つ見てみましょう。

先ず、30を割った相対力指数です。確かに「売られ過ぎ」と解釈できる数値ですが、「売られ過ぎ=買いシグナル」ではありません。たとえば、下のチャートを見てください。スナップチャットでお馴染みの、スナップの日足チャートです。


四角で囲った部分を見てください。30以下の相対力指数が一ヶ月以上も続いていますが、株価の方は下げが止まりません。言い換えると、30未満の数値は極めて弱い値動きを表しますから、「30割れは売りシグナルだ」と解釈することもできます。

季節的な要因も、ここでの買いを控えることを示唆しています。先ほど報道されたことですが、ファンドマネージャーにとって、来月は重要な月です。11月にファンドマネージャーたちの成績が審査、評価されボーナス額が決定されます。「これ以上マーケットが悪化する前に利食えるものを売っておこう」というファンドマネージャーたちの動きが、昨日今日のマーケットの下げを加速させる一因になったようです。もちろん、反発ラリーが起きるようなら更なる利食いの売りが出る可能性があります。

もう一つの理由は、株ニュースレターです。マーク・ハルバート氏(ハルバート・レーティングズ)は、こんなことを指摘しています。
今週のマーケットは大きな下げとなっているが、動きの激しいナスダック市場をカバーしているニュースレターは、まださほど弱気になっていない。
ニュースレターの意見を数値化したハルバート氏のデータによると、一ヶ月前のニュースレターは64.9%という極めて強気な状態でした。これも「恐怖&欲指数」と同様に逆指標ですから、極めて強い数字はマーケットの下げを示唆します。現在の数値はマイナス25.1%と1ヶ月前から大きく下げていますが、春に記録されたマイナス54.9%に比べれば、まだ高いレベルです。ハルバート氏は、こう結論しています。
現時点ではまだ買えない。マーケットからハッキリとしたシグナルが出るまで様子を見るべきだ。
では、私達はどうするべきでしょうか?言うまでもなく、最終的な判断は各自がすることですが、買うにしても空売るにしても重要なことはこれです。
間違ったらサッサと損切ること。

(情報源:野村證券 証券用語解説集

Market timers say it’s still too early to jump back into stocks

あわせて読みたい

「米国株」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  3. 3

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  4. 4

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  7. 7

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  8. 8

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  9. 9

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  10. 10

    ソフバン株 初値は公開価格割れ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。