記事

スバルが検査不正で追加リコール、対象約6000台で関連費用4億円


[東京 11日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>は11日、新車出荷前に実施する完成検査での不正問題に関連し、追加のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。リコール対象はまだ措置を行っていなかった「インプレッサ」など9車種、計6124台。不具合や事故は起きていない。

今回実施するリコールの対象は昨年12月14日から同月29日までに製造した全車両で、リコールに伴う費用は4億円。一連の不正問題に関連して実施したリコールを含め累計42万3212台、254億円になる。

同社は9月末の発表では、車の安全性に問題はないとしながらも、リコールの実施については内容を精査し、国交省と協議するとして留保していた。同社広報によると、その後、国交省と話し合い、リコールすべきと判断したという。ユーザーからの問い合わせも数十件あり、今回のリコールで「お客様の不安を払拭したい」としている。

*本文2段落目のリコール台数に関する表現を明確にして再送します。

(白木真紀)

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  9. 9

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。