記事

女優写真集座談会 解禁前後でどういう変化があった?

アートに精通する3人が語る(撮影/貴田茂和)

 1990年代、世間を騒がせたのがヘアヌードブーム。1991年に発売された樋口可南子の写真集『water fruit』(篠山紀信撮影)の発売でヘアヌードが事実上解禁され、熱狂的なブームを巻き起こしたが、日本のヌード写真集の歴史はその20年以上前から始まっていた。芸能や出版、アートの分野に精通する小澤忠恭、亀和田武、伴田良輔の3氏が「昭和のヌード写真集」を180分語り尽くした座談会。前半では関根恵子、森下愛子、川上麻衣子、手塚さとみ、秋吉久美子らが俎上に上がったが、後半は「ヌード写真集のあり方」でトークは盛り上がる──。

小澤:原因は男なのか金なのかわかりませんが、追い詰められた自分の状態を、ヌードになって気持ちを高揚させて乗り越えようとする人もいる。そのとき、カメラマンに「抱いてくれ」と迫ってくる人もいます。自分だけリスクを冒すのは嫌だって。

亀和田:共犯関係になってくれ、と?

小澤:そう。脱ぐということは、「異界」に行くことなんですね。そして、女優というのは異界に行くことに慣れている。

伴田:僕も女優のヘアヌード写真集を撮ったとき、相手がガンガン迫ってくる真剣勝負に緊張したし、汗もダラダラでした。

小澤:セックスより疲れると思いますよ、ヌードを撮るのは。

伴田:究極的には「お前は何者なんだ」と問われますし。

亀和田:僕は昔、自販機本と言われた雑誌のヌード撮影の現場に立ち会いましたけど、今のお話に比べると、脱ぐことを職業にしている人たちはあっさりしていましたね。気持ちの高揚はありませんから。今回取り上げる写真集の中で1人だけ女優ではないのが、1972年から1977年まで『平凡パンチ』のグラビアで一世を風靡した麻田奈美です。

小澤:りんごで股間を隠した「りんごヌード」で有名になった彼女は、ヌードグラビアの先駆者で、童顔巨乳のハシリです。

伴田:彼女は逸材ですよね。あの「りんごヌード」は彼女だから成り立った。

亀和田:顔も体も健康的だな。

小澤:篠山さんもあの写真は意識したし、影響を受けたと思います。一時期よく、ヌードを撮るときに望遠レンズを使っていました。肉体で画面を埋め、肉感を強調した写真を撮るためです。この写真集は技術的には大したことはないけど、彼女の存在感が凄くて、エポックメイキングな写真でした。日本のヌードグラビア史の金字塔ですね。

亀和田:逆にそれ以前、1960年代、70年代、日本のヌード写真集の状況は──。

伴田:1960年代はヌード写真集と言えるものはほとんどなかったですね。ヌードを撮る有名カメラマンも秋山庄太郎、大竹省二ら数人しかいませんでした。

亀和田:「婦人科カメラマン」と呼ばれていた人たちですね。

伴田:1960年代によく見られていたのは『100万人のよる』という雑誌のグラビアで、ストリップダンサーやヌードダンサーを起用した明るいヌードを載せていました。あれがヌードグラビアのハシリじゃないですか。

亀和田:1965年に『話の特集』が創刊され、やがて篠山さん、立木義浩さんたちがヌードグラビアを撮り始めるんですよ。

小澤:当時のトップモデルを起用して、アートとエンタテインメントの中間ぐらいのヌードを撮っていましたね。僕のように写真を目指す青年の憧れのページでした。あそこにこういうもの(1980年代のヌード写真集)の原型があるかもしれない。

亀和田:その後、1970年代、1980年代を経て1991年にヘアヌードが解禁され、時代を席巻します。ヘア解禁以前と以後ではどういう変化があったと思いますか。

小澤:ヌードになる、ヌードを撮るということの本質は変わらないけど、表現の仕方が変わったことは確かです。ヘアが出せなかった時代は手で隠す。ということは、手の使い方ひとつで色っぽくも、楚々とした感じにもできる。

 つまり、隠すことによって表情が出る。でも、ヘアヌードでは股間に手を置けない。下手をすると、ただヘアを見せるだけの生体写真のようになりかねないんですね。ちなみに、アメリカのヌード写真はひたすら肉体美を強調したものが多いのですが、日本の特徴は情感で見せようとすることにあります。特に解禁以前はそうです。

亀和田:ヘアが見えていなくても、凄くエロティックな写真がありますよ。

伴田:ヘアヌード解禁以前は見せちゃいけないものがある前提で撮っていた。ヘア解禁を経て今はフェチの時代ですよね。撮影対象が広がった分、写真家は何を撮るのかを問われる。

◆モデルがアクメ顔になる

小澤 もうひとつ、ヘアを見せると、悶えなくちゃいけないという発想になって、モデルがアクメ顔になっていくんです。ヘアは性器ではないのに、写真がセックスのイメージになっていくんです。でも、それ以前はモデルが悶えてなくて、多くが体のポージングで見せている。

亀和田:何でも見られるこのネット時代に紙のヌード写真集が生き残っていくためには、新しいアイデアが必要でしょうね。

【プロフィール】
◆おざわ・ちゅうきょう/1951年生まれ。写真家。篠山紀信氏のアシスタントを経て独立。石原真理子のヘアヌード『Marie!──石原真理子写真集』など多くの女優、アイドルの写真集を撮影。他に人物、旅、料理などの写真も撮り続ける。

◆かめわだ・たけし/1949年生まれ。作家、コラムニスト、編集者、キャスターとして活躍。かつて自販機エロ雑誌『劇画アリス』編集長を務める。著書多数。10月末に『雑誌に育てられた少年』(左右社)を刊行予定。 はんだ・りょうすけ/1954年生まれ。写真評論から写真家に転じ、濱田のり子のヘアヌード『エロティッシモ』、真梨邑ケイ写真集『PANDORA』などアートとエロスの融合した写真集を刊行。作家、翻訳家、版画家としても活躍。

◆はんだ・りょうすけ/1954年生まれ。写真評論から写真家に転じ、濱田のり子のヘアヌード『エロティッシモ』、真梨邑ケイ写真集『PANDORA』などアートとエロスの融合した写真集を刊行。作家、翻訳家、版画家としても活躍。

取材・構成■鈴木洋史

※週刊ポスト2018年10月12・19日号

あわせて読みたい

「写真集」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    鳩山氏がバラした球界OBガン罹患

    NEWSポストセブン

  3. 3

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    HUAWEI巡り中国人エリートに激震

    WEDGE Infinity

  5. 5

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  6. 6

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  7. 7

    医学部入試不正を生む奴隷的現場

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  9. 9

    同僚へ告白し玉砕 社内で噂に

    キャリコネニュース

  10. 10

    iPhoneに勝る?「Pixel 3」の魅力

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。