記事

実年齢より若い役を演じる、ということ

「万引き家族」の安藤サクラ氏の演技力の高さに感服した。

私と友人は、上映後しばらく、会う度にサクラ氏のマネをした。
片手の指の間を広げて涙を拭う、あのシーンだ。
私のモノマネは友人の足許にも及ばなかった。全く歯が立たない。
サクラ氏への尊敬が足りないのか。

そんな友人が昨日、憤慨して言った。
「自分より若い女性を演じるのに、あの演技は酷い」
今月から始まったNHKの朝ドラ「まんぷく」のことだ。

同感だ。なにあれ。
ひとしきりその話題となった。

俳優が実年齢より若い役を演じる場合、なぜ、「何も考えていない」「無垢な女」を演じようとするのか。それで「若さ」を表現しようとするのは、単細胞過ぎる。
「女性への冒涜のような気さえする」
友人は真顔で言った。

だよねー。
だって、私たちは知ってるじゃん。
「若い」ってもっと邪悪で狡猾で、残酷。

そのまっすぐさは「愚鈍」や「無知」とは違う。

まあ、朝ドラで求められるのは実態ではない。「大多数が安心する姿」なのかもしれないから、顧客満足度は高めているんだろうな。

が、少なくとも、ワタクシと友人ははサクラ氏を信じていたのだ。

そんな予定調和をぶっちぎって「怪演」してくれることを。
サクラ氏に限って、そんな初歩の初歩、「コモド騙し」(実際は「おっさん騙し」か)のような演技はしないのだと。

ショックだった。
毎日見せられるオープニングも辛い。

なぜ、森の中をあんな大股で?ある意味「衝撃映像」。

当然ながら、1回見て友人は見るのをやめたという。

さて、ワタクシはどうするかな。

怖いもの見たさ。

今後、めちゃくちゃ展開していくかも、という期待も込めて、オンデマンドでフォローかしら。

あわせて読みたい

「連続テレビ小説」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫に甘いテレ朝? 報ステに苦情

    渡邉裕二

  2. 2

    宝くじより給料「積み上げ」せよ

    MONEY VOICE

  3. 3

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  4. 4

    田原氏 G20で安倍首相に存在感

    田原総一朗

  5. 5

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  6. 6

    中国人活動家の主張にNHK加担か

    和田政宗

  7. 7

    ゴーン氏は有罪? 会計士らの見解

    山口利昭

  8. 8

    いずもは「空母」言い換えは不毛

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    柔道教室 絞め落とし被害の恐怖

    渋井哲也

  10. 10

    カジノ開業をめぐり暴走する大阪

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。