記事

佐藤優×片山杜秀対談 2度の粛清でおかしな官僚だけ残った

【佐藤優氏と片山杜秀氏(右) 撮影/太田真三】

 官僚たちが世間を賑わす事件が相次いでいる。高度経済成長の立役者と言われた官僚機構はなぜ崩壊したのか。作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏と思想史研究者・慶應大学教授の片山杜秀氏が語り合った。

片山:森友問題をきっかけに噴出した官僚のスキャンダルの原因を2014年に設置された内閣人事局に求める向きがあります。内閣人事局が作られて官邸が官僚の人事権を握った。その結果、官邸に対し、官僚が忖度しはじめて不祥事が増えたという話です。佐藤さんはどうお考えですか?

佐藤:人事の問題ではあるのですが、押さえるべきは内閣人事局ではなく、2009年と2012年の政権交代です。1度目の政権交代で自民に軸足を置いていた官僚は、民主党政権で粛清された。残った官僚も、民主から自民への再度の政権交代で要職を解かれた。

片山:まるでスターリンが粛清した後のソビエトのような話ですね。

佐藤:構図は同じですよ。結果として生き残ったのは二通りの官僚です。

 一つが義理を欠き、人情を欠き、平気で恥もかく、ごますり型の“サンカク官僚”。もう一つが、省エネ型官僚。典型がセクハラ事務次官の福田淳一。彼らは絶対に政治家や上司とケンカしない。実現したい理想も定見もない。強いていえば、目標は出世。だから強い政治家や上司の言うことを聞き、弱い政治家は無視する。この手の省エネ型の官僚は局長止まりだったのですが、政権交代でチャンスが回ってきた。

片山:2度の淘汰と粛清を経て、おかしな人だけ残ってしまった。そう考えると連続する官僚のスキャンダルも納得できる。ところで政権交代による官僚の腐敗や弱体化と反比例するように力を持った組織があります。内閣府です。

佐藤:内閣府は、2001年に縦割りの各官庁の上に置かれました。つまり特定の誰かの権益を守るのではなく、全体を代表する組織です。でも実際の社会同様に各省庁間にも利害対立がある。全体を代表するということは、無代表と言ってもいい。

片山:そこが大きな問題ですね。内閣府に、省庁同士の利害関係の調整や、官邸主導の決断を期待している人もいるのでしょうが、メリットよりもデメリットが大きい。内閣府が力を持つと、権力者の都合ですべて決められてしまう。

佐藤:しかも権力に近い人たちだけが集うブラックボックスですからね。

【PROFILE】かたやま・もりひで/1963年生まれ。慶應大学法学部教授。思想史研究者。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。近著に『「五箇条の誓文」で解く日本史』。
【PROFILE】さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。片山杜秀氏との本誌対談をまとめた『平成史』が発売中。

※SAPIO2018年9・10月号

あわせて読みたい

「官僚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    鳩山氏がバラした球界OBガン罹患

    NEWSポストセブン

  3. 3

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    HUAWEI巡り中国人エリートに激震

    WEDGE Infinity

  5. 5

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  6. 6

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  7. 7

    医学部入試不正を生む奴隷的現場

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  9. 9

    同僚へ告白し玉砕 社内で噂に

    キャリコネニュース

  10. 10

    iPhoneに勝る?「Pixel 3」の魅力

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。