記事

「破滅願望の行き先」が読まれている世相

 当ブログへのアクセス検索語の中で、「破滅願望」がこのところずっとトップを占めています。対応する記事は何かと思ったら、4年も前に書いた破滅願望の行き先でした。これは秋葉原の歩行者天国を襲った無差別殺人事件の翌日に書いたものです。私の少年期の心情を思い出しながら、そのような破滅的行動に走られせたものは何であったかを考察してみました。

 この記事には、その後もコメントの書き込みが続き、関心を持つ人が多いのがわかりました。しかし最近は、どうも「黙って読みに来る」人が多いように感じています。特殊な事件への興味ではなく、日常の閉塞感から破滅的な思考に陥るようになった人が、「破滅願望」という言葉に吸い寄せられてくるのではないでしょうか。言わば自殺予備軍の影が見えるようで気になるのです。

 自殺者の数が減りません。交通情報を見ていると、「人身事故」による電車の運休や遅れが、ありふれた事故として伝えられ、多くは新聞記事にもなりません。一つずつの現場では、鉄道関係者のつらい作業と、一つの家庭の崩壊があることでしょう。

 良心的でおとなしい人は、たぶん鉄道では自殺しません。私もしないつもりです。自分の都合で死を選んだのなら、他人に迷惑をかけることはありません。最も自然で、おそらく楽なのは、何もしないで自分の部屋にいることです。餓死というのは格好よくはありませんが、一定の時間で必ず人生を終わりにできます。そのような事例も聞かれるようになりました。

 自殺防止は、国の政治の問題でもあります。社会的差別や貧困、経済的破綻などが原因となる自殺は、国の施策によってかなりの程度まで防止できるからです。悩み事を誰かに話すだけで救われる人もいますから、そのような相談窓口も必要でしょう。全国のお寺や教会は「悩み事なんでもお聞きします」の看板を掲げたらどうでしょうか。それでも、先行きに楽しみがなく、楽に死ぬことだけを願望とする老人の絶対数は、まだまだ増えると私は思っています。

 他人のブログを読むことで、一時の破滅願望を客観的に考えられるようになることもあります。私のブログも、どうぞご利用ください。

 その他いまもアクセスが多いのは「軍人恩給は生きていた」「働かざるもの食うべからず」などです。前者は、戦争を指導した高級軍人たちが生涯にわたって手厚く待遇されている不公平を論じたもの、後者は社会的公正と労働問題を歴史的な言葉から考察したものです。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  7. 7

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  10. 10

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。