記事

セクハラ教師も3年で復帰? ハラスメント大国・日本の教育現場にはびこる問題とは

1/2

広島県教育長が宣言「わいせつ、セクハラは許しません」

 広島県教育長になった友人平川理恵さんは「広島県の公立学校において,わいせつ,セクハラは許しません」と宣言した。「懲戒処分の指針」を改正し、わいせつ・セクハラに関する処分についてはより厳しい姿勢で臨むという方針を打ち出したのだ。

 平川さんは全国初の女性民間校長という前歴を持つ。また今回47都道府県でたった3人しかいない女性の教育長に任命されたばかりだ。民間企業や経営者としての経験豊富な彼女は、いく先々で改革を打ち出している。懲戒処分指針改正に関する彼女の思いを聞いてみた。

(平川理恵・広島県教育長 広島県教育委員会提供)

「教育長になる前から、児童生徒に対するわいせつ・セクハラの処分が、時として甘いな、と感じていました。私自身が女性,母親ということもありまして、我が子であれば、我が事であればという風に思えば、絶対に許せないという思いから、就任直後からこのことについて課題提起し、教育委員会の中で議論し、調整してきたんです」

 なぜこのような宣言が必要なのか? 重い処分を下しにくいのか、それには公務員である教師が守られている法律があるからだ。

「地方公務員法により、公務員は処分された方が訴えることができます。処分が他の同様の事例より「逸脱している」と判断されれば、処分権者が裁量権を逸脱・濫用しているとして、裁判に負けることもあるのです。

 そこで「懲戒処分の指針」の「基本事項」に「わいせつ・セクハラはより厳しい姿勢で臨む」と、強くメッセージとして発し、広島県では、学校でのわいせつ・セクハラは絶対ダメ!ということを、内外に明確に打ち出したのです。このような規定を設けているのは、他の都道府県や政令指定都市の教育委員会では例がありません」

セクハラで免許失効でも3年で復帰?

 調べてみると、下記記事のようにセクハラでクビになった教師がまた何年後に同じような事件を起こすという事例が少なくない。

児童ポルノ法で罰金の講師、4年後にまた逮捕...なぜ教壇に立ち続けることができた?

 一体なぜなのか? なぜ、わいせつ、セクハラ事件で処分された教師が教壇に立ち続けることができるのだろうか?

 抜け道はあるのだ。「懲戒免職」になれば免許失効となる。しかし懲戒免職になる前に自ら辞めて、他県で新たに採用されることもある。わいせつ事案で必ずアウトという運用になっていないのだ。また免許失効になっても、大学で学んだ教職の単位は取り消しにならない。なんと3年で教員免許の再交付申請ができる。これで学校に戻った人もいるのだろう。罪を償えばいいという考え方もあるが、わいせつ行為はさすがに復職しては困るだろう。子どものそばにいる仕事に就く人には、もっと厳格なスクリーニングがあってほしい。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  4. 4

    J&J株 ベビーパウダー報道で急落

    ロイター

  5. 5

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  6. 6

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  7. 7

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  8. 8

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  9. 9

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  10. 10

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。