記事

テックビューロ、フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡で合意


[東京 10日 ロイター] - 9月に仮想通貨取引所Zaifがハッキング被害を受けた問題で、運営会社のテックビューロは10日、フィスコ仮想通貨取引所との間でZaifの事業を譲渡する契約を正式に締結したと発表した。顧客への補償は、当初予定したフィスコからの50億円の金融支援ではなく、フィスコが調達済みの仮想通貨と日本円で行う。

今回のハッキング被害ではビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインの3種類の仮想通貨が流出した。損失総額は約70億円で、顧客から預かっていた仮想通貨は約45億円。テックビューロは公表文で、ビットコインとビットコインキャッシュはフィスコが調達済みのもので補償するとした。一方、流動性が乏しいモナコインは日本円で返金する。ただ、補償の実施日時は明らかにしていない。

フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡は11月22日の予定。事業譲渡後、テックビューロは仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散する予定だという。

(和田崇彦)

あわせて読みたい

「Zaif」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  5. 5

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  6. 6

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。