記事

テックビューロ、フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡で合意


[東京 10日 ロイター] - 9月に仮想通貨取引所Zaifがハッキング被害を受けた問題で、運営会社のテックビューロは10日、フィスコ仮想通貨取引所との間でZaifの事業を譲渡する契約を正式に締結したと発表した。顧客への補償は、当初予定したフィスコからの50億円の金融支援ではなく、フィスコが調達済みの仮想通貨と日本円で行う。

今回のハッキング被害ではビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインの3種類の仮想通貨が流出した。損失総額は約70億円で、顧客から預かっていた仮想通貨は約45億円。テックビューロは公表文で、ビットコインとビットコインキャッシュはフィスコが調達済みのもので補償するとした。一方、流動性が乏しいモナコインは日本円で返金する。ただ、補償の実施日時は明らかにしていない。

フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡は11月22日の予定。事業譲渡後、テックビューロは仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散する予定だという。

(和田崇彦)

あわせて読みたい

「Zaif」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  4. 4

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  5. 5

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  6. 6

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  9. 9

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  10. 10

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。