記事

前場の日経平均は5日続落、世界景気の先行きに警戒感


[東京 10日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比61円65銭安の2万3407円74銭となり5日続落した。前日まで4日営業日で約800円下落した反動で押し目買いが先行。上げ幅は一時100円を超えたが、為替が円高に振れたことや世界景気の先行きに対する警戒感が重しとなり伸び悩んだ。12日のオプションSQ(特別清算指数)算出を控え、ポジション調整に伴う先物売りなども出て前引けにかけてマイナスに転じた。

TOPIXは前営業日比0.28%安で午前の取引を終了した。セクター別では鉱業、水産・農林、陸運などが上昇。一方、化学、輸送用機器、パルプ・紙、電気機器の下げが目立った。国際通貨基金(IMF)が9日、世界経済見通しを下方修正した影響などで、景気敏感セクターが総じてさえない。市場では「外部環境の不透明感が消えず、戻りが鈍い。米中外相会談が非難の応酬となり、米中関係の冷え込みが簡単には解消されない印象だ。世界景気への影響も懸念され神経質にならざるを得ない(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり866銘柄に対し、値下がりが1140銘柄、変わらずが102銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。