記事

"お金は汚い"という洗脳を受けた子の末路

1/2

クレジットカードのリボ払い、高リスクの投資信託……。詐欺のような犯罪だけではない。実生活にはお金にまつわるさまざまなトラップがあり、リテラシーがなければ誰かの「養分」にされてしまう。

経済記者として20年超の経験を持つ高井浩章氏は、娘にお金の大切さと怖さを教えるために、経済をテーマにした青春小説を書き下ろした。最大の狙いは「お金は汚い」という洗脳を解くことだった――。

「カネもうけ」はなぜガティブなのか

「カネもうけ」。この言葉、ちょっとネガティブな感じがしませんか。不当な利益を上げる商売、といったような。「不労所得」というのもネガティブワードですよね。汗水たらして働きもしないで、株式の配当や賃貸収入でもうけるケシカラン輩、といった感じの。

「目指せ憧れの不労所得生活」なんて文句には、「『ズルしてる側』にまわりましょう」というニュアンスがある。「カネがカネを生む」なんていう、資産運用はいかがわしいとにおわせる表現もあります。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Ruslanshug)

最近では、「経済成長」という言葉にまでネガティブに反応する人がいます。頭の中で「無理な」といった枕詞が補われているのでしょうが、それが社会の歪みを生む諸悪の根源みたいな文脈で「経済成長」という単語が用いられるのを見ると、ちょっとクラクラきます。

こういう感覚の根っこにあるのは、古くからある「お金は汚い」「金銭にこだわるのは卑しい」「株式投資はギャンブルみたいなもの」といった価値観なのでしょう。日本には、大人になるまで、場合によってはいい大人になった後でも、「お金のことを考えるのは後回しにしてしまおう」という傾向が強いように思います。

そういうある種の金銭忌避の「洗脳」を解きたくて書いたのが、「おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密」です。

娘のために7年かけて書いた青春小説

この本は、経歴不詳の変な先生と男の子と女の子の3人が「そろばん勘定クラブ」という課外活動でお金と経済について学び、その過程であれこれ起きる、ちょっと変わった青春小説です。

「経済」と「青春」は相性が悪そうですが、もとが自分の娘を読者に家庭内で連載していた小説だったので、気ままに書いているうちに変な本になってしまいました。連載開始が2010年、三姉妹の長女が5年生になったころで、完結したのが2016年でした。

私の本業は新聞記者で、株式や債券などのマーケットや国際ニュースの取材や編集を20年ほどやっています。家庭内連載版の小説が完結したとき、知人に配ったら評判が良かったので、試しにKindleで個人出版したら、これが1万ダウンロードを超えるヒットに。それを大幅リライトして商業出版したという、成り立ちもちょっと変わった本です。

書いてあるのは、「自分の娘には最低限、大人になる前にこれくらいは知っておいてほしい」と私が思う経済と社会のイロハです。かいつまんで言えば、「金もうけ」で付加価値を生まないと社会は豊かになれない。経済成長には「不労所得」のように見える資産運用や投資家が重要な役割を担っている、といった市場経済のメカニズムと、そこに自分が参加するうえでの心構えや意義がメインテーマです。

一般向けの経済入門書というのはたくさんあります。私自身、けっこうな時間をかけて「娘に読ませる良い本はないかな」と本屋巡りしました。

でも、金銭忌避の「洗脳」を解いてくれそうなテキストには出会えませんでした。よくできた解説書は多いけど、どれも腹にズシンと響くようなインパクトがない。“教科書的”なんですね。それならば「もう、自分で書いてしまおう」と家庭内連載を始めたのでした。

お金や経済に関する無知は「養分」への一本道

おそらく、日本では多くの場合、「子供」が経済に正面から向かい合うのは就職活動をするときでしょう。仕事の中身や年収から、人生設計をぼんやりと考える。家庭の事情などで学費の手当てに苦労するといったケースはあるかもしれないが、それは「お金に困っている」だけで、経済の仕組み、世のカラクリにまで考えは及ばない。

就活を何となくやり過ごしてしまうと、経済と向き合うのは結婚や転職を検討するあたりまで先延ばしになる。運が良い(悪い?)と「老後は大丈夫かな」と気になる年齢まで、「お金のこと」「経済の勉強」を先送りできたりします。

これは、やっぱり、まずいわけです。

現代社会では、ごく一部の例外を除いて、誰もが否が応でも金銭や経済に関わって生きていくのです。経済の基礎は、言ってみれば「大人の世界のルールブック」です。ルールも知らないでゲームに参加するのは「カモにしてくれ」と言っているようなものです。

福本伸行さんのマンガに「養分」という絶妙な文句があります。素人なのに投資に手を出して損する側に回るヒト。詐欺にコロリと騙されるヒト。高利のローンや保証人制度といった借金地獄にはまるヒト。もっと広い意味で言えば、低賃金で非人間的な働き方を強要されるブラック企業の従業員も、このカテゴリーに入るかもしれません。誰かが肥え太るための「養分」というわけです。

あわせて読みたい

「経済学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫に甘いテレ朝? 報ステに苦情

    渡邉裕二

  2. 2

    宝くじより給料「積み上げ」せよ

    MONEY VOICE

  3. 3

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  4. 4

    田原氏 G20で安倍首相に存在感

    田原総一朗

  5. 5

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  6. 6

    中国人活動家の主張にNHK加担か

    和田政宗

  7. 7

    ゴーン氏は有罪? 会計士らの見解

    山口利昭

  8. 8

    いずもは「空母」言い換えは不毛

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    柔道教室 絞め落とし被害の恐怖

    渋井哲也

  10. 10

    カジノ開業をめぐり暴走する大阪

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。