記事

雅子さま、15年の療養を経て長いトンネルの先に光

1/2
【15年前の8月、那須御用邸での静養にて(撮影/JMPA)】

 2003年12月に突然入院されて以来、“ご病気”と闘ってきた雅子さま。医師団が公表した病名は「適応障害」。しかし今、その診断が間違いだったという指摘がある。雅子さまが闘っていた本当の苦しみとは──。

 今年8月、須崎御用邸(静岡)近くの三井浜をご一家で散策された。静養中の取材対応は、実に16年ぶりのことだった。

 2004年5月、欧州3か国訪問前の記者会見で皇太子さまは衝撃発言をされた。

〈それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です〉

 鬱々とした雰囲気で迎えた7月、宮内庁は雅子さまが「適応障害」であることを発表し、精神科医の大野裕医師が主治医として治療を担うことになった。雅子さまの病気は実は「産後うつ」ではなかったかと指摘する精神科医の片田珠美さんは、その時期の雅子さまは、すさまじい重圧にさらされていたと指摘する。

「一般に、第1子の小さな子供を育てる時期は、経験のないなかで不安や緊張に押しつぶされそうになり、産後うつになりやすい。しかも当時の雅子さまは、出産から2年で宮内庁長官の心ない発言にさらされ、第2子を望んでもなかなか叶わず、まさに人格を否定されたお気持ちだったはずです」

 療養生活に入り、大野医師からカウンセリングや行動療法を受けながら、雅子さまは子育てに励んだ。

「愛子さまは人一倍感受性が豊かで、急に環境が変わると戸惑う面がありました。例えば小和田家に里帰りする際、普段は乗らない車に乗って移動すると、大泣きしてしまう。そうした経験を重ねたからこそ、雅子さまは愛子さまを心配して“私が守らなくて誰が守るの”という母親の気持ちが強くなっていったのでしょう」(東宮職関係者)

 療養生活から丸1年となる2004年11月、雅子さまは苦しい胸の内をこう綴った。

〈本格的に公務を再開するのにはまだしばらく時間を要するかもしれませんが、早く元気な姿をお見せできますよう、関係者の皆様のお力添えをいただきながら引き続き回復に努めていきたいと存じます〉

 2006年4月、愛子さまが学習院幼稚園に入園された。この年の8月の夏休みはご一家でオランダを訪問、2週間静養された。翌9月には秋篠宮家に長男の悠仁さまが誕生、お世継ぎの重圧が薄れるとともに、雅子さまの病状は上向いた。

「体調がよいときは、雅子さまが愛子さまの幼稚園の送り迎えをしていました。幼稚園時代の愛子さまはとてもかわいらしく活発で、お友達ともよくおしゃべりして笑っていました。水曜日は午前保育でしたが、雅子さまが待ち時間にお友達ママとお茶をすることもありました。体調はずいぶん復調されたようでした」(学習院関係者)

 その後、雅子さまは体調に応じて、泊まりがけの公務に出かけられるようになった。

 2008年4月、愛子さまが学習院初等科に入学すると、校内でも雅子さまの笑顔が見られるようになった。2009年1月には、美智子さまの名代として宮中祭祀に出席するまで快復された。

「愛子さまが初等科生として初めて運動会に参加された時、雅子さまは全競技が終わった後もママ友とずっとおしゃべりをしていました。特に育児について熱心に情報交換をしていたようです」(前出・学習院関係者)

 2010年2月、東宮職医師団が雅子さまの病状について、次のような見解を公表した。

〈5年半前とは較べられないほどに良くなられた〉
〈ストレスを感じ悩まれることがおありになっても、比較的早く立ち直られる〉

 順調な復調を告げる内容に「完治」の期待が高まった。

◆完璧主義なお母さんほど産後うつになりやすい

 ところが、そのわずか1か月後、野村一成東宮大夫(当時)が定例会見で、愛子さまが3月初めから学校を休まれていることに言及し、原因についてこう述べた。

「同じ学年の別の組に乱暴なことをする児童たちがおりまして、宮さまを含め他の児童に乱暴をしていることが理由と判明しました」

 この「いじめ問題」の発覚により、平穏になりつつあった雅子さまの心身のバランスが、再び大きく崩れていく。

「そもそもは、やんちゃな男の子が同級生にちょっかいを出した程度のことでしたが、感受性が豊かで敏感な愛子さまは男子児童のふるまいに驚いて恐怖を感じられました。愛子さまの性格をよく知っている雅子さまは“母親としてわが子を守らなければならない”とひどく思いつめた様子になられました」(東宮職関係者)

 野村大夫の会見の3日後、愛子さまは雅子さまに付き添われて登校した。以降、1年9か月にわたって雅子さまの「同伴登校」が続く。

「最初の頃、雅子さまは愛子さまと一緒に登校され、教室の後ろで授業を参観されました。音楽や図工などで教室を移動する際は雅子さまが自らパイプ椅子を持って移動していましたね。給食も、愛子さまは教室で食べるのではなく、別室に入って、お2人でとられていました」(前出・学習院関係者)

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  3. 3

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  4. 4

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  5. 5

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  6. 6

    来年の日本株価は「峠に向かう」

    川北英隆

  7. 7

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  8. 8

    家計の貯蓄現在高 平均1812万円

    MONEYzine

  9. 9

    靖国で火をつけた中国人は再犯か

    和田政宗

  10. 10

    毒蝮三太夫「素人ウケはせこい」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。