記事

トランプ大統領、中国への追加関税を再表明 対米報復措置なら


[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、中国が対米報復関税措置を実施すれば、2670億ドル相当の中国製品に対し追加関税を発動すると改めてけん制した。

トランプ大統領は「中国は(貿易を巡り)合意を望んでいるが、合意に向けた用意はできていない」とし、「中国側の用意が整っておらず、われわれはこれまでに数回、中国との協議を中止した」と述べた。

中国が対米報復措置に動けば、新たな関税を課す用意があるかとの質問に対しては「間違いなくある」と断言した。

米国は前月、2000億ドル相当の中国製品に対する新たな関税を発動し、中国も600億ドル相当の米国製品を対象に報復関税を発動した。

国際通貨基金(IMF)は9日、貿易摩擦や金融環境の引き締まりによる悪影響を理由に、2018年と2019年の世界全体の経済成長率見通しをともに、7月時点の3.9%から3.7%に引き下げた。[nL4N1WP12N]

中国外務省の陸慷報道官は10日に北京で開いた定例会見でトランプ大統領の発言に関して質問され、貿易戦争は世界経済にとって害があり、どちらの国の利益にもならないと指摘。

「ただ、自国の正当な利益を守る中国の決意は揺るがない。そのことについては誰も幻想を抱くべきではない」と強調した。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  2. 2

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  3. 3

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  4. 4

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  5. 5

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  6. 6

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

  7. 7

    池上氏 政府は4島返還を断念した

    文春オンライン

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    海外投資家の日本国債保有が急増

    久保田博幸

  10. 10

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。