記事

ドラマでの弁護士像!?

弁護士の最所です。

昨日から、フジテレビ系で、連続ドラマの『SUITS』が始まりました。 弁護士が主人公のドラマは、やはり気にはなりますので、時間があれば見たいとは思っています。

ドラマですので、あまり実際のところを言っても意味が無いのかもしれませんが・・・。 TVドラマでありがち(?)な弁護士像について、少し触れてみたいと思います。

1 弁護士は、六法全書を暗記している!?

 そんなことはありません。そもそも、完全に暗記することは不可能ですし、その必要もありません。

 必要な場合には六法で確認すれば良いだけです。

2 弁護士は、必要があればメールを捏造する!?

 当然ですが、しません。

 自らが証拠を捏造することは論外ですが、捏造されたことを知りつつ、故意に裁判所に証拠として提出するようなことをすれば、懲戒事由にも該当しうると思います。

3 弁護士資格を剥奪されることはある!?

 弁護士に対する懲戒処分は、弁護士会が行います。懲戒処分には、軽い方から、

   1 戒告    2 業務停止    3 退会命令    4 除名

があります。弁護士は、いずれかの弁護士会に所属しないと弁護士としての業務が出来ませんので、退会命令や除名処分がなされた場合には、弁護士資格を事実上「剥奪」されることになります。

4 相手方の弁護士のスキャンダルを探したりすることはある!?

 ありません。相手方代理人弁護士は、相手方の味方ですが、相手方とは全く別個の存在です。

 相手方弁護士のスキャンダルを見つけたとしても、単に辞任されるだけで、早期の解決という点で全くメリットがありません。始めから、別の弁護士と交渉を始めなければならなくなります(それまでの交渉が全く無意味となります。)ので、相手方代理人に辞任されると、こちらにも不利益が生じるからです。

 そもそも、相手方弁護士は相手方の利益の為に行動することが求められます。その弁護士が、自分のスキャンダルが表に出ることを避けたいので、どうにかして欲しいと自らの依頼者に頼むとは考えられませんし、仮に、そのようなことを依頼者に頼んだとすれば、依頼者から、解任されるだけです。

5 弁護士バッジはいつもつけている!?

 人にもよりますが、裁判所や警察署に接見に行く場合以外での日常業務では、あまりつけてはいません。

 実際のところは、こんな感じです。

あわせて読みたい

「弁護士」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    キオスク消滅? Amazon超小型店舗

    後藤文俊

  7. 7

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  8. 8

    不倫に甘いテレ朝? 報ステに苦情

    渡邉裕二

  9. 9

    「宝くじは賭博ではない」に疑問

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    橋下氏 大阪府議の報酬0円に意欲

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。