記事

NHK「紅白」元部長ばかりではない!TV局はセクハラ三昧

1/2
BLOGOS編集部

「紅白」責任者が停職3ヶ月の懲戒処分

放送業界がセクハラ、パワハラ問題に揺れている。

先ごろは、NHKで音楽・バラエティー番組などを担当してきた元制作第二センター・エンターテインメント番組部長のI氏が、局内でのセクハラ行為で停職3ヶ月の懲戒処分を受けていたことが発覚した。

I氏は、2016年に関連会社のNHKエンタープライズ(NEP)から部長として復職。年末の「紅白歌合戦」の総責任者を務めた16年と17年は、2年連続で有村架純を司会に抜擢したほか、一昨年は宇多田ヒカル、昨年は安室奈美恵と桑田佳祐を〝目玉〟として引っ張り出したことで知られる。芸能音楽畑が長く、エンターテインメント番組部長に就任してからも、NEP時代に自ら立ち上げたBSプレミアムの音楽番組「The Covers」にはこだわりを持ち続けていたという。

局内での評判は「気さくだった」「官僚的ではない」など、意外に悪くはなかった。しかし過去の行動を振り返ってみると、部長に就任した時は前任者の息のかかった者を外す冷酷さも持つ。プライドが高く、〝独裁的〟な部分が見え隠れしていた。

そんなI氏に異動の噂が出始めたのは今年4月。もっとも異動したとしても通常の〝定期異動〟と言えなくもない。ただ2年間の「紅白」の実績もあっただけに、一部からは「異動はないかもしれない」との声も出ていた。一方でI氏自身は「もし異動するなら2020(五輪)関連の部署への希望を出していた」ようだが…。

それが、6月になって出た人事は編成局への異動。

確かに役職的には〝主幹〟という立場で「異動と言っても立派な出世コース」である。しかも、職位もアップしたのだが、現実は「どうも具体的な職務はなかったようですからね。制作現場に携わってきた立場としてはショックだったはずです」(関係者)。

この人事に一部からは「なぜ?」と不思議がる声もあった。

それが7月になるや「どうも体調を崩しているようだ」なんて言われるようになった。

「よほど異動がショックだったんだろうね」。

業界内でも、そう言われていたのだが…。それが、今になって振り返ると、その人事の裏に実は「パワハラ疑惑が隠されていた」というわけだ。

しかも、関係者によれば、セクハラは昨春に起こり、今回の人事の1年前に被害女性から訴えがあったという。

NHKによれば、その被害女性は「局員」だそうで、NHKの内部調査で「セクハラが確認できた」ことから、8月になってから「停職3ヶ月」の処分を下したという。

当然、下世話ながらも被害女性は「誰なのか?」ということになるが、局内からは「どうやら上司と部下の関係だったらしい」「酒好きだったから、飲みに行って強引に迫って行為に及んだ」など、さまざまな〝憶測情報〟が飛び交っていた。

この流れから想像できるのは、当初、訴えを受けた関係者が実は、セクハラをウヤムヤに済まそうとしていたのではないかということだ。女性が、どこのセクションの誰に被害を訴えたのかは分からないが、おそらくI氏の立場も考慮した上で、出来るだけ穏便に示談で済ませ、定期異動させることで納得させたかったのかもしれない。

が、その「異動先」に被害女性が納得しなかったのだろう。

「女性の気持ちからしたら、どこか地方局への異動であれば、あるいは説得に応じていたとも考えられなくはないですけどね」(NHK関係者)。

ちなみにI氏の処分について、NHK広報局では「『ハラスメント防止規定』を定め、厳正に対応しています。セクハラに該当する行為があれば、内規に従って厳正に対処しています」と説明しているが、果たしてNHKがどこまで毅然とした対処を考えていたのかは疑問である。まあ、NHKとしては、ここまで問題を大きくしたくなかったと言うのがホンネだろう。

あわせて読みたい

「放送業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  2. 2

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  3. 3

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  4. 4

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  5. 5

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

  7. 7

    不登校YouTuber炎上は新聞の責任

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「韓国を相手に」谷川議員に苦言

    大串博志

  9. 9

    土井善晴「現代人は食なめてる」

    文春オンライン

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。