記事

原油先物は小動き、イランからの輸出はさらに減少


[東京 9日 ロイター] - アジア時間の取引で原油先物は小動き。米国による対イラン制裁再開を来月に控えてイランからの輸出減少の兆しが出ている一方、米メキシコ湾岸には大型ハリケーン「マイケル」が接近している。

0020GMT(日本時間午前9時20分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は7セント安の1バレル=83.84ドル。8日には一時82.66ドルまで下落したが、中国の景気刺激策で原油需要が増加するとの見方からその後下げ幅を縮めた。前週には4年ぶり高値の86.74ドルを付けた。

米WTI原油先物<CLc1>は1セント安の74.28ドル。前日は73.07ドルまで下落した。

アイコンのデータによると、10月第1週のイランからの輸出は日量110万バレルだった。輸出データを追跡している業界筋によると、10月の輸出は現時点で日量100万バレルを下回るという。

トランプ米大統領が核合意を離脱すると表明する前の4月時点では、少なくとも日量250万バレルだった。さらに、9月時点では日量160万バレルだった。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は3日、サウジは原油需要の増加に対応するために11月の産油量を前月比で増加させると表明。イランのザンギャネ石油相は、サウジアラビアがイラン産原油輸出の減少分を補完できるとの見方を示したことに対し、「ナンセンス」だと一蹴した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  10. 10

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。