記事

ノーベル経済学賞、米大学教授2氏に 気候変動や企業の革新との関連性研究

[ストックホルム 8日 ロイター] - スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2018年のノーベル経済学賞を、米エール大教授のウィリアム・ノードハウス氏と米ニューヨーク大教授のポール・ローマー氏に授与すると発表した。

王立科学アカデミーは、ノードハウス氏について、経済と気候変動の相互作用を示す定量的モデルを始めて構築したと説明。

ローマー氏については、企業が新たなアイディアや革新を生もうとする意思に経済がどのように影響を与えるかを研究し、内生的成長理論とよばれる新たな発展モデルの基礎を築いたとした。

アカデミーは声明で「両氏の研究は、市場経済がどのように自然や知識と相互作用するかを説明するモデルを構築し、経済分析という分野を大きく広げた」と述べた。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。