記事

ノーベル経済学賞、米大学教授2氏に 気候変動や企業の革新との関連性研究

[ストックホルム 8日 ロイター] - スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2018年のノーベル経済学賞を、米エール大教授のウィリアム・ノードハウス氏と米ニューヨーク大教授のポール・ローマー氏に授与すると発表した。

王立科学アカデミーは、ノードハウス氏について、経済と気候変動の相互作用を示す定量的モデルを始めて構築したと説明。

ローマー氏については、企業が新たなアイディアや革新を生もうとする意思に経済がどのように影響を与えるかを研究し、内生的成長理論とよばれる新たな発展モデルの基礎を築いたとした。

アカデミーは声明で「両氏の研究は、市場経済がどのように自然や知識と相互作用するかを説明するモデルを構築し、経済分析という分野を大きく広げた」と述べた。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  3. 3

    人の時間は無駄 非情なユニクロ

    文春オンライン

  4. 4

    うがい薬問題 PCRの曖昧さが露呈

    自由人

  5. 5

    臨時国会なしで妥協 野党の本音

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    強い女性描かれぬオタク向け作品

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    「悪い感染とは」観光庁側を追及

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  9. 9

    PCRでも100%安全ない 医師が指摘

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「GoToテレビ」と言い出す可能性

    krmmk3

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。