記事

「教育勅語」は危険思想なのか?

■「教育勅語」=「教育に関する天皇のお言葉」

 自民党の柴山文科相が会見の場で、「教育勅語」について「道徳などに使うことができる分野は十分ある」と述べたことで、「戦前回帰だ!」というような批判が出ているらしい。

 「教育勅語」は戦前の教育の柱になっていた思想だが、中編の内容(現代語訳)の方を見てみると、

>国民の皆さんは、
>子は親に孝養を尽くし、
>兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、
>夫婦は仲睦まじく解け合い、
>友人は胸襟を開いて信じ合い、
>そして自分の言動を慎み、
>全ての人々に愛の手を差し伸べ、
>学問を怠らず、
>職業に専念し、
>知識を養い、
>人格を磨き、
>さらに進んで、社会公共のために貢献し、
>また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、

 ここまでは全く当たり前のことを言っているだけで、特に否定するべき要素は見当たらないと思うが、この続きに、

>非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

 この部分が、軍国主義的な感じがするということで否定的な意見が出てくるのだろうと思われる。

 周知の通り、「教育勅語」はGHQによって禁止された。当時の占領軍は日本の天皇を北朝鮮の独裁者のような存在だと誤解していたフシがある(実際、終戦後、占領軍によって刑務所から解放された共産主義者達は占領軍のことを「解放軍」と呼んだ)ので、こういった国民感情を1つにするようなものは危険思想と判断されたとする向きもある。

 しかしそれならそれで、その部分だけを削除すればよかったのだが、まともな道徳訓までもパージしてしまった。それも意図的だったのかもしれないが、そのせいで、自分勝手な個人主義者が大量生産され、道徳観が欠如した連帯感を持たない利己主義者(所謂、リベラル左翼)が跋扈するようになった。
 良くも悪くも日本人の純粋無垢なところが仇になってしまったと言える。

■危険なのは「教育勅語」ではなく「思想統制」

 その程度の思想統制で簡単に洗脳されるというのは、単純と言えば単純だが、古今東西、人間というものは毎日聞いて(触れて)いる思想に影響されやすい生き物なのだろう。だからこそ、思想というものは重要な役割を果たすことになる。

 柴山文科相の「道徳などに使うことができる分野は十分ある」というのは、「部分的に使えるものがある」ということだから間違っていない。上で見た通り、ごく当たり前の道徳教育に使える要素は十分にある。だからといって「教育勅語」を復活する必要性は感じられないが、道徳教育に普遍的なものは使用することは全く問題ない。

 逆に、「教育勅語」に書かれているものは全て間違いだとする意見は間違っている。未だにGHQの意見をそのまま伝えているだけだとも言える。天皇の存在を肯定しながら、天皇のお言葉を危険だとするのは明らかに矛盾している。
 日本のリベラル左翼が「GHQチルドレン」と言われるのは、こういう姿勢からもよく分かる。GHQの思想統制という社会実験が招いた結果としての悲劇がここにある。

あわせて読みたい

「道徳教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

  8. 8

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  9. 9

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  10. 10

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。