記事

LGBTのレギュラー出演者が民放ニュースで初登場 有働の”攻める”「news zero」

1/2

あっ、”谷生くん”・・・!?

 10月4日(木)の「news zero」を冒頭部分を見ていて仰天した。有働由美子キャスターがゲストを紹介した時、横に座っていたのは筆者のかつての記者仲間の”谷生くん”だった。筆者の知る”谷生くん”は行動力あふれるハンサムな”男性記者”だ。この日、スタジオで有働さんの隣りにいたのは、亜麻色の長い髪を束ね、化粧をしてイヤリングをつけてワンピース姿の”女性”だった。かつてを知る者としては、そのギャップはいささか衝撃だった。

 冒頭の紹介のトークを振り返ってみよう。

[画像をブログで見る]

(有働)「今夜のゲストを紹介します。日本テレビ「金曜ロードSHOW!」プロデューサーの谷生さんです」

(谷生)「谷生俊美です。日本テレビでは男性として入社しました。現在はトランスジェンダー女性として、映画と向き合って7年になります」

(有働)「谷生さんは日本テレビの一社員でいらっしゃるんですけど、きょうは我々がお願いして来ていただいているんですけど、よろしくお願いします」

(谷生)「出演することに、視聴者の方からどういう反応があるのかといった正直、不安もあるんですが、たとえば自分にしかない物事の見方があると信じて、会話のきっかけを作っていければと考えています」

 そうだったのか・・・。筆者が日本テレビに在職中、仕事を共にした「谷生くん」はとても優秀な記者だった。カイロ支局長としても活躍していた。その後にトランスジェンダーとしてカミングアウトしていたことをこの夜の放送まで知らなかった、名字は同じでも下の名前は前は男の名前だったが変えたようだ。

コメンテーターとしての「谷生俊美さん」の言葉に注目してみよう

 大阪・富田林警察書から逃走して「日本一周中」と掲げて自転車で逃げていて逮捕された樋田淳也容疑者のニュースについてはー

(有働)「谷生さんは警視庁担当の記者をやってらしゃいましたが、この事件をどう見ていますか」

(谷生)「まるで悪い映画を見ているような事件ですよね。でもそれは起こってしまった。恐怖ですね。特に女性の立場からすると(自分の胸を押さえて)、ますます恐ろしいなと思います。

(有働)「逃亡劇の方に、ともするとどういう経路で(逃げたのか)という興味本位になっちゃうんですけど、いちばんは、性犯罪の容疑者である、ということですね」

(谷生) 「こわいですね。警察の捜査をかいくぐるような形で非常に狡猾だという気がします」

 「狡猾」という表現の的確さ。他局のニュース番組でほとんど強調されていない点だ。あの容疑者がいろいろな人たちにスマホなどで写真を撮らせながら自転車旅行をしていたということを各局が放送しているが、ともすればそのコミカルさばかりが伝えられている。実は性犯罪の容疑者で、逃走が続けばさらなる性犯罪の犠牲者を生む可能生があったことはニュース番組で強調すべきポイントだろう。

キャスターの有働さんもコメンテーターの谷生さんも「女性の視点」で実感のこもったコメントだった

[画像をブログで見る]

 東京都のLGBT への差別禁止の条例案を都議会の委員回で可決されたというニュースが続いた。都道府県で初めての条例が明日にも成立する見通しだという。その後で谷生さんがLGBT当事者らしい実感をこめて解説した。

(有働)「これ、当事者としては谷生さん、どのようにこのニュースを見ますか?」

(谷生)「私は(LGBT)当事者の代表ではないんですけど、こうした条例が可決されると安心感はあると思う」

(有働)「安心感というのは?」

(谷生)「一気に広がるには時間がかかるかもしれないですけれど、何かきっかけになるかなという気はします」

(有働)「きっかけ?」

(谷生)「たとえば私も経験がありますけど、繁華街を歩いていて酔っ払いの男性グループからすごく暴力的な言葉を投げかけられるということはあると思うんですよ。こういったもの(条例)があると少しは抑止力になるかなという気がします。学校のいじめと似ていて、完全になくすことは難しい。それでも学校でいじめはやめましょうと宣言されているのと、ないのとでは対応が違ってくる。こういう条例がきっかけでみんなの意識が広がって、みんなが物事を考えて、この問題を考えていけば・・・」

 お天気キャスターから「お肌のケアは?」と尋ねられてた際、谷生さんは「ストレスためない!」「洗顔しっかり!」「保湿たっぷり!」と女性らしい(?)回答をしていた。

あわせて読みたい

「日本テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ氏の「不機嫌」外交術

    井戸まさえ

  4. 4

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  5. 5

    安倍首相はトランプ接待の達人か

    内藤忍

  6. 6

    安倍首相だけがトランプ氏と緊密

    城内実

  7. 7

    トランプ接待は国民に利点ない

    階猛

  8. 8

    トランプ氏が天皇会見重視する訳

    WEDGE Infinity

  9. 9

    ゴルフ外交 2首脳だけで話す価値

    和田政宗

  10. 10

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。