記事

コンプレックスの克服は「自分を許す」ことから――道端アンジェリカが乾癬公表で気づいたこと

2/2

ネット上で目にした「肌が汚い」の一言が追い討ちをかけた

BLOGOS編集部

道端さんが自らの病を告白するきっかけとなったのは「スーパーフードを食べているのに肌が汚い」と自身の肌の状態について指摘するネット上の書き込みを目にしたことだった。

「肌のお手入れを何もしてこなかったならいいんです。でも、これまで本当に、人一倍努力してきました。

乾癬は生活習慣からくるといわれていますが、元々食事にはとても気をつけていましたし、運動もしていたのでなぜ発症してしまったのかが不思議でした。

発症後も、夜寝る1時間前にお腹に薬を貼って試してみたのですが、それも重曹を使わないと落とせないので毎晩、とても時間がかかりました。それでも何とか治そうと思ってとにかくできることは試しました。

そんな中、追い討ちをかけるような心無い言葉を言われて。自分の心の中で張りつめていた線がぷつっと切れた感覚でした。

翌日の朝、もういいや、言っちゃおうと。何で私、ひとりでこんなに悩んでなきゃいけないんだろう、っていう感じでしたね。言って楽になりたいなと思いました」。

乾癬を公表後、当事者以外の人たちからも寄せられた声

一方、道端さんはInstagramに投稿直後、事務所にあらかじめ持病を伝えていなかったことに気づく。

「批判の声がたくさんあるかもしれないと思い、『これもしかして、ものすごいこと言っちゃったかもしれない』とすごく心配したんです。

でもそんな心配は不要でした。『勇気をもらえた』『告白してくれてありがとう』とたくさんのうれしいコメントをもらって、『モデルなのに乾癬なのか』といった批判はひとつもなかったんです。

それに、当事者の方だけじゃなくて、アトピーの人や、ニキビがずっと治らないといったお肌の悩みを抱えている子たち、そして、ただただ自分の容姿に悩んでいる子からも『アンジェリカさんみたいな人でも、欠点じゃないけどそういう悩みがあると思うと、励みになる』とか『自分の悩んでいたことなんて』とコメントをたくさんもらいました。

私がずっと隠していた、コンプレックスだったことを公表したことが、まったく会ったことのない方々の勇気になれたことはすごい良かったし、うれしかったです」。

「見た目重視」の社会で、他人の目を気にしないでいられるには?

だが、道端さんのようにコンプレックスを周囲に公表することは簡単なことではない。私たちが、そうした思いを克服し、他人の目を気にしないようにすることはできるのだろうか?

BLOGOS編集部

道端さんは語る。

「本当に言いにくいことですよね。でもまず、やっぱり人に言う・言わないの前に、本人がコンプレックスを受け入れることが大事かなと思っています。

私がそうでしたが、人に言えない理由というのは、自分で受け入れられていないからなんです。

やっぱり自分のことってどうしてもネガティブ思考から人間は入って思うんです。でも、コンプレックスの克服だけではなくて、例えば良い美容をしていこうとしても、ダイエットにしても、自分の体や見た目をまず一度受け入れないと、それがプラスには働いていきません。

私は、まず『自分を許してあげる』ようにしました。こんな自分でも大丈夫、こんな自分でも良いところがあるから大丈夫だって。

自分のコンプレックスだったところを少しずつ自分で許してあげていって、「私はこれがあるから大丈夫」と思っていくと、少しずつ「そんな私もかわいいじゃん」となっていく。

そういった過程を何度も重ねていくと、最終的に自分のことを愛してあげることができるようになんじゃないかなと思っています。

今の日本社会、特に女性は周りと自分を比べて『あの人はこうなのに私はこうじゃない』とか、『今の流行の髪型やメイクはこうだからこうしないといけない』とか、気にしすぎているんじゃないかなと思っています。

でも、その基準を決めたのは誰ですか?と思うんです。基準を決めていいのは自分じゃないかなって。自分の基準は自分で決めればいいし、そういう世の中になってほしいなと思います」。

BLOGOS編集部

東京ミッドタウンでは10月5~7日の3日間、乾癬の認知向上を目的に、当たり前の日々を見つめなおすアートイベント「ふれられなかったにんげんもよう展」が開催されている。

最終日の7日の午後2時からは、道端アンジェリカさんや、『顔ニモマケズ』の著者で作家の水野敬也さんらが登壇するトークセッションも行われる。入場無料。

ふれられなかったにんげんもよう展 特設サイト 

あわせて読みたい

「道端アンジェリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  6. 6

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。