記事

敗戦から得る、本当の教訓 昭和の戦争・平成の戦争 その8

1/2
擱座したソ連軍装甲車の横で機関銃を撃つ日本兵。(ノモンハン事件 1939年7月4日)出典 Wikipedia(Public domain)

林信吾(作家・ジャーナリスト)

【まとめ】

・ノモンハン事件の新側面判明。教訓得たソ連と惨敗に目をつぶった日本。

・昭和の戦争から教訓をくみ取り、敗戦の事実や原因から目をそらすな。

・無責任な「自衛のための実力組織」にせぬために、不都合な事実の直視を。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=42322でお読みください。】

歴史は苦手、というような読者でも、この呼び名くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。

ノモンハン事件

1939(昭和14)年5月から9月にかけて、日ソ両国の間で起きた大規模な戦闘である。もう少し厳密に言うと、日本の傀儡国家であった満州国と、モンゴル人民共和国とが引き起こした紛争(双方の国境警備隊による銃撃戦)に、日ソ両軍が大規模な介入を行い、大規模な地上戦となったものである。

もともと問題の国境線は、中華民国とモンゴル人民共和国との話し合いで確定し、国際的に認知されていたのだが、独立宣言後の満州国が新たな国境線を主張したもので、つまり原因は満州国の側にある。

この「事件」がどうして有名なのかと言うと、多数の戦車を繰り出してきたソ連軍に対し、銃剣と火炎瓶で武装した歩兵をもって戦った日本軍は、主力部隊の死傷率80%という、世界の戦史を見渡してもあまり類例を見ない惨敗を喫したからだ。

後に太平洋戦線で「玉砕」が多発したので、死傷率80%と言われても、ぴんと来ない、という向きもあるだろうか(怖いことだ……)。近代戦においては、部隊の人員の25%以上が戦闘能力を喪失したならば「全滅」と判定されるというのが、国際常識なのである。

ただ、ソ連が崩壊して様々な機密文書が公開された結果、これまであまり語られてこなかった、この事件の別の側面も見えてきた。

実は、死傷者の数それ自体は、ソ連軍の方がかなり多かったのである。もちろん、このことだけをもって、史実としての勝敗までがくつがえるわけではない。よい例が日露戦争で、死傷者の数だけを見比べたなら、日本軍の方がかなり多かった。

しかし、満州・朝鮮を実質的な支配下に置こうという、帝政ロシアの戦略意図を挫き、なおかつ敵の勢力圏内に軍を進めて、旅順要塞を攻め落とすなどの戦果を挙げた。

最終的には、遠路ウラジオストックを目指して地球を半周してきたバルチック艦隊が、対馬沖での艦隊決戦で全滅の憂き目を見たため、ロシアは屈辱的な講和に応ぜざるを得なくなったわけだが、地上戦においても日本軍の勝利と判定して差し支えないであろう。

ノモンハン事件に話を戻すと、一番問題なのは、この戦闘の結果に対する、日ソ両軍の対応の違いである。結果的に圧勝したとは言え、予想外の犠牲を払うこととなったソ連軍は、そのことを深刻に反省し、装備の改良に乗り出した

一例を挙げれば、戦車に搭載していたガソリン・エンジンを、ディーゼル・エンジンに切り替えた。日本の歩兵が投げる火炎瓶が、想像以上の威力であったことへの反省も踏まえてのことだが、たしかにガソリン・エンジンだと、機関部に火炎瓶が命中したような場合、ラジエターが炎を吸い込み、即座に燃料に引火して爆発炎上してしまう。

ディーゼルならばこうした危険性が低い点に着目したソ連軍は、アルミ合金を多用した軽量コンパクトなディーゼル・エンジンを開発し、新型戦車T-34に搭載した。これが後のナチス・ドイツ軍との戦いで大活躍することになる。

▲写真 T-34-85(ソミュール戦車博物館の戦後チェコ生産型)出典:Wikimedia

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  3. 3

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  4. 4

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  9. 9

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  10. 10

    緊急事態宣言延長 ~ 総理は国民に一体何を詫びているのか

    近藤駿介

    03月06日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。