記事
  • ヒロ

あぁエルピーダ!

株取引を生業としている方がエルピーダメモリは儲かるので買い、と主張されていました。理由は国策会社で日本で唯一のDRAMメーカーであるから今が最悪期で必ず、明るいニュースが期待できるというものでした。事実、更生法申請の数日前には外資がエルピーダの株を大量保有していると判明し、十数%株価が跳ね上がりました。

しかし、その数日後にあっけなく更生法申請です。私はこの会社の株価動向をじっと見ていましたが結局、この株を買うことはなく終わりました。一般投資家好みのこの銘柄で痛手を負われた方は相当多いと思います。特に公的資金が入っている会社だから国が本気で何かしてくれるだろうという期待があったことは事実です。

倒産理由が市況と円高。

まったく同じ理由は何処の輸出関連会社でも繰り返し述べられています。そしてもう一つ注目しなくてはいけないのはこの会社の顔が坂本幸雄氏に集中していることです。体育会系で半導体の知識ゼロスタート、倉庫係が大卒後のスタート。ですが、そこから半導体を勉強し、遂には「半導体業界の救世主」とも言われるまでになりました。実際、この更生法に関してはDIP手法で坂本社長を継投させることを目論んでいるようです。

エルピーダは日立とNEC、更にはその後、三菱電機の事業の部門が一緒になって出来た会社。そこは「まとまりがありませんでしたね。親会社であるNEC、日立製作所からの寄せ集めで、指示待ちばかり。言葉は悪いが『烏合の衆』だった。」と坂本社長はあるインタビューで述べています。

坂本社長は逆に体育会系のフットワークの良さと体力でこの集団を変えていき、業績もぐっと上向かせました。ここが坂本社長への高い評価の根幹を成す部分ではないかと思います。

更に2009年に公的資金が注入されたことでより一層管理体制は強化され坂本社長の肩に全てがのしかかる状態が続いていた気がします。つまり、カリスマではなさそうなのに組織力が十分に反映されなかった奇妙な状況だったのではないかという気がしております。

JALの時と同じように倒産を経験することで従業員の一定レベルのマインドのリセットは可能かと思います。ですが、私は坂本社長が継投するなら外部から会長職を招聘し大所高所の対応を二人三脚で行うべきかと思います。(坂本社長継投には銀行がごねるでしょうけど。)

それと何処の会社が救済するかですが、今となっては大バーゲンセールですから東芝は手を上げるかもしれませんが、個人的には東芝だけははずすべきかと思います。理由はNEC,日立、三菱電機の元社員が東芝の社員との上下関係を作ることになりそれが軋轢となり制御不能な人事問題が発生しやすいと想定できるからです。

今回の倒産は円高と価格崩落する家電市場で日本の家電メーカーがテレビ等で巨額の赤字計上の発表をしている最中でした。しかし、市場環境の変化で日本の株価が上昇し、円安に振れ始めたタイミングであったことを考えればフルマラソンで僅かに時間内ゴールできなかった残念な結果のようにも思えます。

最後に済産業省は実に中途半端な支援だったという気がします。これだけは禍根を残さないようにしなくてはいけません。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。