記事

iPhone XSとXS Maxが販売好調、初週売上は昨年の8シリーズ以上

John Koetsier , Contributor

(左)iPhone XS Max、(右)iPhone XS(Photo by Jack Taylor/Getty Images)

調査企業「Flurry」が新型iPhoneの売上の推定値を公開した。Flurryのデータによると、今年のiPhone XSとXS Maxの発売初週(9月21日からの1週間)における普及台数(アクティベーションされた端末の数)は、昨年のiPhone 8 及び8 Plusの発売初週の台数を、およそ50%上回るものになっている。

金額面でいうと、今年のXSとXS Maxの2機種の売上は昨年の8と8 Plus、iPhone Xの合計を7%上回っている。アップルはより安価なiPhone XR を10月26日に発売するが、当然ながらXRの売上はここには含まれていない。

iPhone XSは発売初週で、米国でのiPhone全機種のシェアの0.42%を獲得したことが分かった。サイズの大きなXS Maxはより多くのシェアを獲得し、0.68%となっていた。XSとXS Maxの2機種のシェアは、現在米国で使われているiPhoneの1.1%に達しているという。

ちなみに、昨年のiPhone 8と8 Plusの発売初週のシェアは合計で0.76%だった(2017年は、iPhone 8と8 Plusがまず発売され、その後iPhone Xが発売されていた)。

一つ興味深いのは、発売から1年が経とうとしているiPhone Xの売上が依然好調であることだ。また、今後発売されるXRの売上にも期待が持てる。FlurryのPeter Faragoは、アップルの今年のホリデーシーズンの売上は、好調が予測できると述べている。

「今年の新機種よりも安価なiPhone Xも依然として売れており、今後発売になるXRにも期待が持てる」とFaragoは調査レポートで述べた。

Faragoによると新機種の販売は好調であり、昨年よりも高価なデバイスが売れていることにより、昨年を上回る売上が期待できるという。iPhone XS Maxの最上位機種は1449ドルで、一部のラップトップ製品よりも高価格だ。10月26日に発売のiPhone XRは749ドルで販売される。

Flurryは100万個以上のアプリのデータから、ユーザーが使用中の端末を割り出したという。現在、米国において最も利用者が多いiPhoneはiPhone 7となっており、全体に占めるシェアは15.4%。続いてiPhone 7 Plusが12.73%で2位となっている。

また、8年以上前にリリースされたiPhone 4が、依然として0.23%のシェアを獲得している点も興味深い。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  3. 3

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  6. 6

    BTSファン 彼らは反日じゃない

    キャリコネニュース

  7. 7

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  9. 9

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  10. 10

    徴用工問題 北の主張軽視するな

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。