記事

悲劇だけが増える「沖縄分断」の根本原因

1/2

■選挙結果にかかわらず、辺野古移設を進める方針

沖縄の県知事選で、米軍の普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する58歳の前衆院議員、玉城デニー氏が初当選した。

知事選の投開票は安倍改造内閣が誕生する直前の9月30日だったが、67歳で死去した翁長雄志前知事に続く辺野古施設の反対派知事の誕生で、安倍政府の移設スケジュールに大きな影響が出る。

自民党総裁選の地方票で石破茂元幹事長の善戦を許し、来年の統一地方選や参院選を控えて求心力の低下が懸念される。予想外の結果にさぞかし安倍晋三首相も肩を落としたことだろう。しかも安倍首相念願の憲法改正のほか、政権運営にも影響する可能性がある。安倍首相にとって大きな打撃であることは間違いない。

沖縄県知事選挙投開票日から一夜明け、米軍キャンプ・シュワブ前で抗議活動をする人たち。(写真=時事通信フォト)

「安倍1強」の結果生まれた「緩み」や「おごり」を安倍首相自身が自覚し、政権の軌道修正を図るなら私たち国民にとって甚大な利益となるだろう。

しかしながら安倍首相にはその自覚がほとんどない。安倍政権は強気である。

今回の選挙結果にかかわらず、辺野古移設を進める方針だ。玉城氏も移設の是非を問う県民投票の実施を目指すなど徹底抗戦の構えだ。安倍政権と玉城氏が激しく対立するのは必至である。

■過去最多の得票数で、与党側の候補を圧倒したが……

沖縄県知事選の投票率は63.24%で、前回選挙を0.89ポイント下回った。

投票率が前回選挙を下回ったとはいえ、沖縄県選挙管理委員会によれば、玉城氏の得票数は1998年に稲嶺恵一氏の獲得した37万4833票を超える39万6632票で、沖縄県知事選で過去最多となった。

選挙戦自体は、玉城と安倍政権が支援する前宜野湾市長の54歳の佐喜真淳氏の2人による一騎打ちだった。結果は玉城氏が8万票以上もの差をつけて圧勝した。過去最多の得票数と、一騎打ちの相手に対する大差で、玉城氏は大きなウエーブに乗っている。

玉城氏は「まずは対話を求めていく」と語り、この呼びかけに安倍政権側も応じる構えではある。しかしながら玉城氏も安倍政権もそう簡単には譲らないだろう。これまでの経緯を考え合わせても、辺野古移設で折り合いが着く可能性はかなり低いと思う。

それゆえ8月9日のプレジデントオンラインで「ボタンのかけ違いを放置したまま突き進めば失敗する」と小見出しを付けて指摘したように、国は根気強く地元に説明し、きちんと理解を求めていくべきであり、地元沖縄は国のその説明にしっかり耳を傾けることが求められる。

■強硬姿勢が溝をさらに深くする

8月9日のプレジデントオンラインではこうも書いた。

「(読売社説は)朝日社説の指摘や主張と真逆である。朝日社説と読売社説のどちらが正しいのだろうか」
「環境保全措置は十分なのか、不十分なのか。サンゴの移植はやるのか、やらないのか。今回、2紙の社説を読み比べていると、頭の中が混乱してくる。結局、朝日に言わせれば『環境保全が不十分』であり、読売に言わせれば『環境保全は十分』ということなのだろう」

そこで今回も、安倍政権に批判的な朝日新聞の社説と、親和的な読売新聞の社説(ともに10月1日付掲載)を読み比べてみよう。

朝日社説は冒頭部分から玉城氏の圧勝をテコに主張する

「安倍政権は県民の思いを受けとめ、『辺野古が唯一の解決策』という硬直した姿勢を、今度こそ改めなければならない」
「まず問われるのは、県が8月末に辺野古の海の埋め立て承認を撤回したことへの対応だ。この措置によって工事は現在止まっているが、政府は裁判に持ち込んで再開させる構えを見せている。しかしそんなことをすれば、県民との間にある溝はさらに深くなるばかりだ」

「硬直した姿勢」「溝はさらに深くなる」など朝日社説の指摘は手厳しい。そして「今度こそ改めなければならない」との主張は安倍首相嫌いの朝日新聞らしさがそのまま出ている。

あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  5. 5

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  6. 6

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。