記事

ノーベル化学賞、たんぱく質の人工合成で米英の3氏に


[ストックホルム/ロンドン 3日 ロイター] - スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2018年のノーベル化学賞を、米国人2人と英国人1人に授与した。生物が進化する過程を参考にたんぱく質を人工的に合成し、環境に優しい洗剤やバイオ燃料、がん治療薬などに利用できるように開発した。

米カリフォルニア工科大学のフランシス・アーノルド教授が900万スウェーデンクローナ(約100万ドル)の賞金の半分を受け取る。アーノルド氏はノーベル化学賞を受賞する女性として歴代5人目だ。

残りの賞金は米ミズーリ大学のジョージ・スミス名誉教授と英医学研究会議のグレゴリー・ウインター博士が分ける。

開発されたタンパク質の合成法は、世界で最も売れている処方薬である米製薬大手アッヴィ<ABBV.N>の関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」に活用されている。

*写真を追加します。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。