記事

玉城デニーを勝利させた安倍政権の「勘違い」=沖縄県知事選

1/2

沖縄県知事選で玉城デニーさんが勝利しました。「予想外の大勝」との報道が目立ちますが、私自身は投票日4~5日前の時点でデニーさんの勝利を確信していました。世論調査の生データと、現地で感じた「空気感」を考え合わせれば、勝利は揺るぎなく思えました。大きな理由は、対立候補である佐喜真淳氏の陣営に全く勢いが感じられなかったからです。

(関連記事は宮崎タケシのブログ https://ameblo.jp/miyazaki-takeshi-gunma/ で)

選挙の常識から言えば、デニーさんの勝利は難しかったはずです。「オール沖縄」から保守系の多くが離脱し、前回選挙で翁長知事が巻き起こしたような一大ブームもありませんでした。一方の佐喜真陣営は前回第三の候補だった下地幹郎氏系や、自主投票だった公明系も取り込んで盤石の構え。この時点で勝負あり、というのが選挙の常識です。

分厚い陣容を構築した佐喜真陣営が、自民・公明両党による沖縄政治史に残るであろう空前の組織選挙を展開しながら、完敗したのはなぜか。「知名度の違い」や「弔い合戦」という陳腐な解説では説明できない大差は、なぜついたのか。組織力に劣るデニーさんが完勝できた理由を、自分なりに振り返ってみたいと思います。

デニーさんと私は衆議院の初当選同期であり、今回は一人の友人として、群馬から応援に駆けつけました。落選して素浪人の身かつ、現在はどこの政党にも所属していないので、完全に個人的行動です。政党や陣営が経費を負担してくれるわけでもないので、航空券、宿泊費、現地でのレンタカー代まで全て自腹を切って、手弁当でお手伝いしました。

選対から割り振られた役割は、対立候補がかなり強いとされる地域での、地元建設業者への働きかけでした。地域的にも職域的にも「敵地ど真ん中」という厳しい状況でしたが、結果的には七十社近い業者に接触し、支援をお願いすることができました(ほとんど前向きな返事はいただけませんでしたが…)。冷たい反応は予想通りながら、そんな中にも気づかされることがありました。

結論から先に書きます。デニー陣営は明確な意図をもって「候補者中心、沖縄主役」の選挙を志向していました。一方の佐喜真陣営は、外から見る限り完全な「候補者不在、政権主役」の選挙になっていました。勝負を分けた最大の要素はそこだった、と考えます。

 現地で多くの建設業者の方々と対話しました。「佐喜真を応援している」「デニーじゃ困る」と明言される方も少なくありませんでした。理由はさまざまです。「業界が推している」「辺野古でこれ以上揉めるべきではない」「取引先との付き合いで」「振興予算を減らされたらどうするのか」「デニーは気にくわない」「共産党と手を組んでいるじゃないか」「翁長を英雄視するのは間違っている」等々です。

ところが、肝心の候補者本人の話がちっとも出てきません。知事選ですから、普通は候補者が話題の中心です。たとえば「なかなか敏腕だ」とか、「アイディアマンだから」とか、「○○政策に力を入れてくれる」など。あるいは「一緒に××会の役員をやった時に世話になった」とか、「実は娘と同窓生で」とか、「泣き上戸なんだってさ」なんて、個人的なエピソードが出ることもよくあります。

あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  3. 3

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  4. 4

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  5. 5

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  6. 6

    来年の日本株価は「峠に向かう」

    川北英隆

  7. 7

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  8. 8

    家計の貯蓄現在高 平均1812万円

    MONEYzine

  9. 9

    靖国で火をつけた中国人は再犯か

    和田政宗

  10. 10

    毒蝮三太夫「素人ウケはせこい」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。