記事

朝日新聞、インタビューの波紋

昨日の朝日新聞のわしへのインタビュー記事が、波紋を拡げている。
「わしは自分が保守だと思っています。
リベラルとは
違って、人権は自然権だとは考えていない。
人権は
国家がなければ守れないと思っているから、国家を重視します。」
この冒頭部分を省かずに掲載してくれた朝日新聞の記者氏に感謝します。

思った通りに、左翼が大騒ぎしているようだ。
映画評論家の町山智浩が朝日新聞のわしのインタビューを見て、小林よしのりが朝日新聞に登場すること自体に、嫌悪感を持ったに違いないが、
「小林よしのりはパンドラだったと自覚しろ、この時代状況をつくった張本人として謝罪しろ」
というようなことをツイッターで言っていたらしい。
SEALDsも全く同じことを言っていた。

こう言われると、正直わしとしては、喜んでいいのか、怒っていいのか、わからない。
本来「言論」というものの無力さを考えると、わしの言論が社会の右傾化を呼び、ネトウヨを生み、安倍政権まで誕生させたとなると、その威力に感心し、ますます自信をもってしまうからだ。

しかし、町山って相当な馬鹿だね。
どうせわしの『差別論』も『戦争論』も『沖縄論』も、読んじゃいまい。
世間の、特に左翼界隈の「風評」だけで、小林よしのりへの敵意を募らせているだけだ。
町山の映画評論もナショナリズム否定のバイアスがかかっているのだと警戒した方がいい。

パンドラの箱を開けて良かった。
最後に残る「希望」を掴むためだったからだ。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  3. 3

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  4. 4

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  6. 6

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  7. 7

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  8. 8

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報道のWEB有料購読 浸透せず苦境

    ロイター

  10. 10

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。